ノーマル的S30Zの在り方 その1へ >その2

2016年9月5日

ブレーキパッドと謎のパーツ

久々にフロントブレーキをチェックしたらパッド残量2mm。

もちろん交換します。

このパッドはしまい込まれていた30年前のフェロードのスポーツパッドを1年ほど前に発見して交換したものですが、それから8000kMぐらいしか走っていないと思います。

スポーツパッドは減りが早いものが多いですが、今回はさらに古くなって劣化していたのかもしれません。

 

ついでに、ピストンシールも長らく替えてないのでオーバーホールです。ピストンシールはこれまた長期在庫品で賄いますが、純正はまだ買えると思います。

ピストンを抜くときはやはりエアー圧を使いますが対向キャリパーの場合片方をCクランプなどで押さえておいてまず片側だけを抜いて交換してから、次にそちら側を抑えて反対側を抜き交換しています。

で分解したらこのようになっていました。パッドが減った分だけピストンが出てその部分が錆びてしまっています。ピストンのダストカバーに問題があったのかもしれません。これを新品のパッドで組もうとするとピストンの錆び部分が完全にシールにかかるので絶対ダメです。

 

今回はしぶとく中古のピストンを安く買って持っていたのでそれに交換です。純正新品も出ると思いますが、値段は高いです。

 

また、今回はついでにハブボルトもロングタイプに交換しました。今までホイールスペーサーの都合でホイールナットの締め代が5mmくらいしか無く気になっていたところです。締め代は最低でもボルトの径分(12mm)は必要です。あまり長くすると袋ナットの場合は底つきするので要注意です。

ブレーキパッドは日産純正を新たに購入しましたが、値段は1セット8000円です。サーキットを走るのでなければこの純正品が一番安心で、純正品は品質検査が最も充実しているから当たり外れがありません。でも富士スピードウェイだと5周目の第一コーナー辺りでフェードします。3周までなら大丈夫と思います。

 

 

そしてこれが謎のパーツですがさーなんでしょう?

 

大きな円盤は鉄板から切り出したものです。

 

 

こんな風に使います。

 

これが完成形ですが、先ほどの謎のパーツはこのワイヤーホイールにディスクパッドの摩耗粉が付着しないようにするカバーです。ワイヤーにパッド粉付くと掃除が大変なので何とかならないかと思っていたのですがリヤはドラムなので全く汚れないのでそこから考えて作りました。

ブレーキの冷却や、ブレンボキャリパー見せびらかしたい場合は?のパーツですがノーマル的S30Zは日常使用勝手が一番大事でこうなります。

 

さてもう一つの謎のパーツ、これなんだと思いますか?

 

 でもこれは結構わかりやすいパーツですね。すぐわかっちゃいますね。

そうですね。これです。リトラクタブルシートベルト。純正のベルト取り付けボルトをそのまま利用してボルトオンです。取り付けステーはもちろん作っていますがリトラクタブル部品は最近の中古パーツ利用です。

S31Zはリトラクタブルになっていますがボディー側にへこみがあり埋め込むようになっているので凹みが無いS30には流用しにくいです。

 

一緒に写っている赤いボンベは旧車の必需品、消火器しかも後始末がいらないガスタイプです。まだ固定されておらず放り込んであるだけ。その下の箱はこれも旧車の必需品、緊急時の3角停止表示板です。組み立て式

 

肩ベルトのほうも純正取り付けねじそのまま利用です。面白いのは取り付けねじは特殊ピッチでシートベルトでしか使わないものですが、今も昔も、またメーカーも問わずほとんど一緒という共通ぶりで、シートベルト工業会とかで統一してるんでしょうか?でもこういう時ありがたいですね。

バックル側はこうなります。帯鉄を少しL字型に曲げて穴開けただけのステーを作っただけです。違和感少なくないですか?

全体としてはこうなります。すごく使いやすいですし外れたりねじれたりしませんし、ストッパーが作動するかどうか試しても何の問題もなく機能します。ただ本当に衝突したときどうなるかは実験?ができませんので不明です。

バックルを外すとゆっくりとするするとベルトが巻き取られ降車するときにはリールに戻っています。ただ一つ巻き取りが下側なので腰ベルトを右手で繰り出す必要があります。(通常は肩ベルトを引き出す)

 

純正のベルトは乗り降りしているうちにこうなってしまいます。形的には旅客機のシートベルトのようでかっこいいし、純正命の人には何てことすんだというかもしれませんが毎月何千キロもイベント巡業し、何度も乗り降りするノーマル的S30Zとしてはこれは耐えられないのです。