2016年2月21日

 

いままでこの強化クラッチをつけていたのですが、これは30年ほど前に恐る恐る購入した初めてのチューニングパーツだったのですが、そのまましばらく取り付けなかったものを最近つけてみたのですが、踏み込みが重すぎる!

 

体のほうが持ち上がってしまうくらい重いです。足の老化防止にはなるけど運転しずらい。

そこで今回は久しぶりに正統派の新品調達です。

 

なぜかというとしばらく前にこれと同じ商品の中古を某オクで手を出して使えないものつかんで泣きを見たからです。(最初からこっち買っとけよ・・・)

カタログでしか見たことないこのメカメカしい感じ、いいっすね。

カバーを外すとこんな感じ。

 

全部削り出しのような感じですが、この形は前職で得意としていた品物にすごく似ています。私ならほとんどすべて4mm厚の鉄板から霊感、いや冷間プレス成型で作れる自信があります。そうすると今よりもちろん安く、またもっと大事なことでずっと軽く作れます。(無駄な無垢部分をなくせるからです)

構成はこのようになっていますね。メタルディスクは同一のものを裏表で使っているようで特に識別番号はないようです。

クランクと結合する部分が重要ですが画像のようにφ80.01 クランクはφ80.00、かなりの高精度です。ここががたがただったら使いもんになりません。

 

フライホイール重量は5.5kGでした。

 

クラッチ含めてトータル10kGほどのようです。

結構重いです。

こちらがいままで使っていたフライホイールクラッチセット。

ついでですからパイロットブッシュも交換しておきます。あまり痛んではいませんでした。

 

クランクシールは悩んだんですが結局交換しませんでした。

組付けました。

クラッチプレートが2枚になったので芯合わせはちゃんとスプラインのあるものでやらないと2枚のディスクスプラインの回転がずれてだめですね。丸棒ではできません。

ついでにカムやバルブをチェック。最近アイドリングでピキピキ変な音がするので気になります。

見たとこ異常はないようですが、カム面は縦筋が少し入ってきていますので、もう寿命が近いかもしれません。

カムをまじまじ見たのですが、この刻印から68度のAタイプということのようです。