S20エンジンご用達、R192デフのオーバーホール

ハコスカGTR Z432 Z432R ハコスカGT S30Z

2019年2月26日

R192デフオーバーホール  R6

 ハコスカGTRをレストア中というオーナー様から

このR192デフのオーバーホールを依頼されました。外観はしっかりしていると思います。

R192も球数が極端に少なくなっており、レストアも難しくなってきました。

このオイルプラグ出口については何らかの理由で小径プラグに交換されていますが機能的には問題ないです。

R192はサイドフランジの保持の仕方が特徴的です。

先ずはトータルイニシャルトルクを測ってみますが

30.3kg/cmもありました。規格が12~17ですから大幅に過大です。これで走っていたのなら焼き付いていても不思議が無いくらいの値です。

キャリア側 ギヤは40/9のギヤ比4.444

ハコスカGTRに多いギヤ比です。

 

バックラッシュなどについては測定不能と判断して測りませんでした。

サイドフランジをはずします。

薄いシムはバックラッシュ調整に必要ですがすでに製廃ですので、私はこの時のために数種類の板厚で復刻製作して、販売もしていますので必要な方はどうぞこちらからご連絡ください。

 

サイドフランジ外した状態でプリロードは22.7㎏でまだ過大です。逆算するとサイドフランジプリロードが8㎏(規格は2㎏)あったことになりますのでこれまたすごい値です。

LSDを取り出しました。リングギヤボルトロックプレートが残っているのは珍しいと思います。

裏側

LSDについては後でイニシャルトルクを測ってから分解修理とします。

フロントフランジを取り外した後のピニオンだけのプリロードを見るとまったく負荷がありませんでした。わけわからん状態ですが、どこか変なところが当たって抵抗が出ていたのでしょう。また、ピニオンについてはガタが大きすぎで、おそらく分解していない摩耗したままの状態か、ディスタンスシムの選定不良と思われます。ディスタンスシムもすでに製廃で入手困難ですのでこちらも同じく私は復刻製作しています。

LSDのイニシャルトルク測定

こんな時このブレードタイプトルクレンチは重宝します。

プリセットでは何回か測定しないと値が出ないし滑り出す前の微妙な感じが分かりにくいですね。

4.5Kgと出ましたがまずまずの値と思います。純正指定値は2~5Kg(使用プレート時)

LSDを全バラ

プレッシャープレートの中でこの2枚は外周側に少しかじり傷が有りますが、他のプレートはOKでした。この2枚についてはやすりで修正して使うことにします。

ピニオン側を分解しましたが、R192はピニオン左側のロックナットがダブルでしかもデフキャリアーの中にもぐったところにナットがあるので分解組み立てが非常に難しいです。

 

また画像下段左側のピニオンフロントベアリングは特殊ベアリングで入手困難で、私は懇意のベアリング屋さんである程度製作してもらいましたが在庫はわずかです。販売もしていました。

ピニオンベアリングですが長い間交換しないで使い続けるとこのような摩耗痕が出来てきてデフ特有のうな異音や断続音などの症状になるのだと思います。

組み立てに入っています。

LSDを組みましたが、イニシャルは6㎏ほどありましたが、使えばすぐに4KGぐらいに落ちると思います。

このサイドベアリングもあるにはあるのですがやはりレアパーツなので私はやはりこれも独自のルートで入手しています。

 

ところでこのベアリングの取り付けですが画像のように一番外周のローラーベアリングの保持器(鉄板製)がベアリング本体より少し出っ張っていることが分かります。これを良く見ないでベアリングの上に鉄ブロックあてがって打ち込んだり、また反対側を打ち込むとき机の上にこれをこのまま反転して置いて打ち込むとこの保持器が変形するということが起こりますのでご注意です。

かなり端折っていますが、とにかくすべて組み上げてバックラッシュとリングギヤの平行、プリロード、そして大事な歯当たりを画像のように確認しますが、この正転側は根本側に当たりがずれていてNGです。

 

この場合はまたすべて分解してピニオンギヤの出入りをスペーサー調整ですが、この場合スペーサー減でピニオンを外周側に少し(0.05mm)引っ込めます。

またすべて分解しました。画像左下側が私が復刻しているピニオンフロントベアリングです。

もう一度組みなおして確認でこのように良い歯当たりが得られました。

こちらは逆転バック側でこれも良い状態です。

 

さてこのように歯当たりは良いのですがピニオンをひっこめたことで今度はバックラッシュが大きめになってきますので、今度はサイドベアリングのシム(これも製廃ですので私は復刻販売しています。こちら) を少しずつ板厚を変えて規格内に入るように調整ですが今回は 0.14~0.17に入るように調整しました。リングギヤ振れは0.04以内

プリロードは ピニオンが10.6kg

サイドベアリングが

 

最終組み立てに入っています。バックラッシュ測定、リングギヤ振れ確認です。

ここで少し注意事項ですがこのデフの場合この部分に手で持っているスペーサー厚み5mmを入れないと不都合がありOH時は無くさないようにしなければなりません。フランジの仕様が違うのかどうか良く分かりませんでした。

完成です。

 

 

R192デフ 先頭に戻る