魔界エンジン、フルチューン、L6、L型、77度カム、鍛造ピストン、軽量コンロッド、圧縮比、ビッグバルブ、アルゴン盛り、ツインアイドラー、ポート加工、

その1 素材エンジン 

その2 ヘッド加工  現在のページ

その3 シリンダーブロック加工

その4 パーツ類リフィール

その5 エンジン組み立て

その6 補器類


L型エンジンヘッド加工

 ヘッドとしてはこれから

 ・ポート加工

 ・燃焼室加工

 ・バルブ系加工 ビッグバルブ

 ・メンケン

等を主として機械加工を実施しますがその前にまずヘッドの弱点の補正を行っていきます。ヘッド上面にはカムが付いていてカムはカムホルダーで保持していますが、カムホルダーは右側の片側列はM8ボルトで止まっているだけです。左側列はエンジンヘッドボルトM10で共締めとなっている。

 

ヘッドはアルミでできていて先ほどのカムホルダーのM8ボルトはそのアルミ面に直に留められているのですが私見ではありますがここは強度的に非常に無理がありそうです。ねじ面がアルミなのであまり強く締めれないし、無理するとアルミのタップがズル剝けます。実際にそうなっているのを何回か見ました。

 こんな状態でこれからハイカムでものすごいリフトストロークにして、バルブスプリングは10000rpmまで保つという超重荷重スペシャルにするのですからこのカムホルダーにはさらにものすごい力がかかるのです。

そこでヘッドのカムホルダー固定タップの右側列は全数ヘリサート加工してネジタップの強度を上げます。

サイズアップも考えたのですが、カムホルダー側の柱の太さに余裕が無いので無理でした。

ヘリサートのオーバーサイズタップをねじ切りします。この後ここにM8のヘリサートをねじ込みます。

 ヘリサートというと良くネジがつぶれた時の救済処置としか見ていない人が多いですが、私はそう考えてはいません。ヘリサートを打つことでネジサイズが上がったのと同等の効果があるし、アルミネジのもろさ

(機械の世界ではA2017ジェラルミン以下のアルミ A6063などには強度が必要なネジ加工は無理があるとされています)もヘリサートのステンレスネジにすることでリカバリーできます。エンジンでもミッションでもアルミに直ネジ切りしているところはできるだけヘリサートを打って補強するのが良 と考えています。(ただしヘリサートは失敗するとヘッドそのものがオシャカになる場合が有るのでスキルが必要です)

さらにこの部分のネジも拡大します。

ここは普通はチェーンの張り調整をするための作業用蓋が付いているところで、ただの蓋ですのでM6が3本という小ささです。

 カメアリのツインアイドラーはここにアイドラーギヤのホルダーを取り付けるのですがそのM6の3本をそのまま利用してセットしています。

私はその場合はここはM6が3本ではかなり無理がありそうだということでM8を3本ネジに追加工します。

加工のためにはヘッドを立てなければならないので加工方法に苦慮しますが、私はこの超小型ラジアルボール盤で固定治具を作って定盤の場外で加工ができるように改造していますので正確に楽に加工ができています。

 

この後ヘッドとしては

・バルブガイド抜き取り

・ポート機械加工

・ボート手仕上げ

・バルブガイド打ち込み・仕上げ

・バルブシート交換・仕上げ・すり合わせ

等の手順になります。

先ずは機械加工に出します。

魔界エンジン、フルチューン、L6、L型、77度カム、鍛造ピストン、軽量コンロッド、圧縮比、ビッグバルブ、アルゴン盛り、ツインアイドラー、ポート加工、

その1 素材エンジン 

その2 ヘッド加工  現在のページ

その3 シリンダーブロック加工

その4 パーツ類リフィール

その5 エンジン組み立て

その6 補器類