71系,FS5,ニッサンミッション,FS5W,71A,71B,71C,71系ミッション,修理,コンパチ化,ダブルシンクロ,4速ダブルシンクロ,オーバーホール,S30Z,S31Z,ハコスカ,GTR,クロスミッション組,リヤエクステンション,フロントベルハウジング,改善,補修

 

71BコンパチC Ωバージョンは71Bミッションの中身を71系最終バージョンの71Cに入れ替えて性能回復を図るバージョンです。Ωバージョンは純正でも存在しない4速まで強烈なシンクロのかかるダブルシンクロとするバージョンです。バージョンとしてΩ、α、β、γ各バージョン×クロス組バージョンが有ります。

 71系ミッションの輪廻転生 へ戻る


2021年11月17日

71BコンパチC Ω45 (Ω44は欠番)

 510ブルーバードの方からロングでΩバージョンにしてほしいということで制作します。

 画像でハブスリーブは新品としています。特にスリーブは傷みやすいパーツです。よくシフトミスするとガリッと音がしますがこの時ギヤ側のシンクロ舳先が変形摩耗するとともに同じ量だけこのスリーブも摩耗しています。

1-2速を組みました。

3速とΩの肝となるメインインプットを組みます。

3-4速ハブスリーブも新品を使用します。

メインインプットまで組みました

リヤ側はバックシンクロ付き仕様で組みます。スリーブは新品を使用。

ギヤ部を組みました。

精度測定

 

 1st  2nd  3rd     5th

エンドプレイ

0.32 0.17 0.23 ーーー 0.19

バックラッシュ

0.12 0.15 0.05 ーーー0.07

3速のバックラッシュが狭めですが3速は新品ギヤなのでそういう傾向になります。他はそろっていて良い値です。

ケースへ一気に組んでいきます。

シフトレバー取り付け支点穴は念のため2種類に増やしています。

回転試験を実施して回転抵抗、シフト感、オイル漏れ等も問題ないです。