日産 FS5W71C リビルド リフィール クロス組 ギヤ比変更 オーバーホール

R32・R31・S13・S14など

2019年1月11日

FS5W71C Ω20 OSクロス

 

 いずれ来るだろうなと思っていたこの依頼がやはり来ました。R32用71Cミッションのリビルドオーバーホールとクロスギヤの組み込みです。私は71Bの中に71Cをいろいろ改造して組み込むことをしていますから、71Cをそのままオーバーホールして71Cに組むことはもちろんできます。また、71Cにもいろんな種類があるので、例えばCA18系では2速のみが大径ダブルシンクロで3速・4速が小径シンクロである仕様、シフトフォークが鉄やアルミの仕様、5速が0.83や0.75などなど、71Cでも過渡期の仕様は最終仕様から見れば性能的にはもちろん低いのですが、これらの組み合わせの中ですべての71Cをもっとも性能が良い最終仕様の仕様組み合わせでリビルドすることができます。

依頼されたのはR32 トミーカイラM30仕様ということでR32の中でも特別バージョンですね。

 千葉のU様よりディラー経由で依頼されましたが、1速ー2速のシフトが入りずらいということで困っておられるようです。特に冷間時にひどいといううことなので現象的にはシンクロの摩耗ですが71Cの大径シンクロは4万Km程度では摩耗はしないですので、他の部分に問題があるのかもしれません。

 これから分解してゆきますが、仕様としてはバックをリンクを介してシフトするバックリンクタイプです。

今回はリビルトにあたりクロスギヤ化したい、できれば240クロスに近いギヤ比にしたいとの要望です。

ギヤ精度についてはバックラッシュ、エンドプレイともに大きな問題はなさそうでした。ただこのメインシャフトの歯面にこのような欠けが2か所、よーく見ると小さな欠けはたくさん見られます。歯面をやはりよーく見ると微妙な凸凹がみられ、うねっている感じです。通常はこうはならないのでどこかのギヤで歯欠けが起こってその欠けた破片が挟まったためにできた欠けと思いますが、ミッションが一度分解修理されているようですのでそんな事故が起こっていたのではないかと類推します。

 

リビルトに入っています。

今回幸いにもクロスギヤ組と240クロスギヤ比の再現のご要望ですので結果的にはメインインプットの歯欠けも解消できます。

 主な改造はosクロスギヤ組でさらにメインインプットギヤをローギヤッド化します。

こうするとギヤ比はほとんど240クロスと同じギヤ比に近つけることが可能となります。

右1stと左2ndのメインギヤを組みました。

こちらはメインインプットギヤですがローギヤッド化するとともにΩバージョンですのでダブルシンクロ仕様に組み替えています。ダブルシンクロは71cのシングル大径シンクロと比較しても確実にシフトのスムーズ差が分かるほど、実にスムーズにギヤチェンジできる仕様ですので完成が楽しみです。

5速ーバックギヤ側です。

ギヤ部について全部組み上げました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精度は

エンドプレイ 0.34 0.22 0.25 --- 0.21

バックラッシュ0.18 0.15 0.08 --- 0.21

 

と良い値でできました。

ギヤ比について

OSクロスは通常で組めば

2.718 1.722 1.233 1.000 0.759

となりハイギヤードなクロス組となりますが今回これwおさらに全体的にローギヤッド化(一次減速を落とす)したことで

2.939 1.862 1.333 1.000 0.821

となります。

これは240クロスの

2.906 1.902 1.308 1.000 0.864

に非常に近い値となりますが、この組み合わせだと71cでこれが可能となります。

 

ギヤ組が終わってケースに収めて簡易試験機で回転試験に入りました。

ケース外観はブラスト処理してから腐食止めにシリコンスプレーしていますので非常にきれいな、新品と間違えそうな外観となっています。

 

いろんなパターンでシフトを繰り返しますが異常は全く見当たりません。

完成です。