サファリーZ 

 その1 その2  その3  その4  その5 その6

                                   (現在のページ)

 


2021年3月29日

サファリーZ その6

この赤いサファリカラーのZは2013年に初めてご来訪以来 8年が過ぎたことになります。早いもんです。そして今回もこの隣のお車 [看板車のS30Z] と仲良く同宿となりました。あれ、前回も確かそうだったな。

サファリーZは今回のメインのメニューは足回りのさらなる改善が主たる目的ですがそれ以外にもいろいろ手を入れるご要望がございます。

 

先ずは細かいことなんですが前回取り付けたリモコンキーロックのコントローラーなんですがその後、左右ドアともに操作するように改造されたのですがここに来る前に動かなくなったということでチェックです。

 戸締りが出来ないと保管時困りますからね。

見てみると追加でいろいろ部品や配線が追加されていたのですが、すべて取り外してみるとコントローラー本体は問題なし、アクチュエーターも問題なしでしたので、私流の左右リモコンロックの配線でやり直して事なきを得ました。また、気持ち良く左右ドアのリモコンロックが出来、さらに今回はアンサーバックでターンシグナルランプが点灯するように機能アップしました。これは便利です。

 

足回りのビルシュタインショックが入荷するまでキャブを改造します。

この車の足回りなんですがフロントはφ55の後期タイプ、リヤはφ50の前期タイプが付いています。サスペンションとしては見て分かる通りひたすら車高上げのサファリ仕様です。

 さてキャブですがソレックスのφ44です。

取り外して分解しています。

アウターベンチェリーは内径φ37ですが、今回はこのアウターベンチェリーを改造します。

 加速時の3000RPM付近でどうしてもつながりが悪い、ぐずつくなどの症状が出る場合が有りますが

その対策となります。キャブ調整の詳細は こちら私の考えた、このような症状の時に効果のあるスペシャルアウターベンチェリーを設計製作投入します。

 

ここも少し気になります。

中央のスプリングが付いたシャフトですがこれが加速ポンプのレバーに繋がっていますが、加速ポンプの作動ストロークの調整が最小の所にセットしていますが、ここは真ん中ぐらいの作動ストロークになる様調整します。この方が加速時のもたつきが少なくなります。

またまたキャブ用の材料が届くまでオーナーのご要望を対策してゆきます。S30Zには天井の真ん中にルームランプが有りますがあまり実用にはなりません。また、コンソールの上部にマップランプが有りますがこれも今となっては実用には程遠いものとなっています。ご要望はルームミラの所に現代車では必ずついている室内灯を取り付けてほしいというもので、このように取り付けました。

フラッシュの関係で白っぽく目立つ感じになっていますが実際はそうでもなくあまり気になりません。

左右独立してスイッチが付いているので運転席、助手席それぞれで使用することができます。運転中でも視界に入りにくい角度と明るさとなります。レンズが有るのでスポットランプ的になります。

これも前回実施事項なのですがメーター照明を劇的に明るくするという対策で一目瞭然、昼間ですらこの明るさですので劇的に明るくなっているのですが、もう一つタコメーター側の下半分の明るさにムラが有るのが治らないかということで対策します。

 タコメーターの裏側を見たことがある人はわかると思うのですが純正のタコメーターの照明ランプは上側に2個並んでついているのでどうしても下側は暗くなります。重要なレッドソーン付近を集中的に照らしていると言っても良いのかもしれません。

 ブルーはオーナー様のご希望で良い色です。このほかに白色のままも可能です。

対策後

タコメーターの下側にも照明ランプを追加しています。ほぼ均一に照明できていると思います。

そしてこれもご要望の一つ、ウインカーインジケーターを緑で明るくしたいということで対策しています。

夜間でハザードを出すとこんな感じで、あまりにも明るすぎてカメラではハレーションを起こしてうまく取れません。