ウェーバーキャブのジェットドライバー       ジェットドライバー・専用工具・キャブ工具

ご興味のある方はメールするか、ヤフーオークションでウェーバージェットドライバーで検索ください。

メールアドレスは ikuo-k@tf7.so-net.ne.jp

ウェーバーエマルジョンチューブをつけ外しする専用ドライバーです。先端にずれない工夫のピンが有りまわしやすくなっています。ブレードは平行面で一般ドライバーのようなテーパーでは無いのでカムアウトし難くなります。 ただいま設計変更改良を進めて第3世代のデザインになっています。

ウェーバーのキャブレターメインジェットを交換するときに使うドライバーです。

ジェットのネジは通常のドライバーでは幅が足りず、無理に回すとマイナスねじ溝を傷めます。

 このジェットドライバーはジェットの溝にぴったりの幅と厚みで作ってありますので、溝を傷めることはありません。また、材質はジェラルミンA2017ですので十分な強度があり、しかもジェットより柔らかいのでジェットを削りません。 中央部にはジェットの穴に丁度入るように円筒状のパーツが付けてありますので、ジェットからドライバーが外れることがなく、素早くジェット交換ができます。

 ドライバーの柄の材質は固い木質の物を使っています。

 

販売のページからメールまたはTELにてご注文ください。

 

以下、過去の記事となっておりますので最新版ではありません。

 

 

材料です。

A2017というアルミ材でいわゆるジェラルミンです。アルミは外観はみんな似ていますが、たくさんの種類があります。大きく分けると素材そのもので強度が出るものと、熱処理することで強度がでるものと2種類あります。私は全職ではアルミも扱っており、自動車のロアアームなどの冷間鍛造を開発していました。他と違うところはアルミ押し出し材を冷間鍛造して形状を作るところが技術的差異のあるところでした。

 さて、このA2017ですがアルミの中ではポピュラーな材料ですが、ホームセンターで売っているA6056などと違い、SS41(機械構造用鉄材)と同じくらいの強度があります。

第一段階で材料中央に穴を開けます。

次にドライバーのマイナスとなる部分をフライスで削ります。NC機ではないので、フライスハンドルの目盛で寸法を追います。

次に反対側をローレット加工と端面仕上をします。

ジェットを緩めるときに、この端面をつまんで早回しすることが出来るようにします。

そして、ドライバーの首の部分を細く削り込みます。これはこの太さが親指と人差し指でつまんだ時丁度いい太さなので、この径を決めています。コマを回す時の様ですね。

柄となる方を削り出しました。素材は縞黒檀です。

黒檀はいまや貴重な木材です。

両方がそろったので組みつけますが、組みつけは打ち込みです。打ち込みが緩いと締めたとき回ってしまいます。逆にきついと柄のほうが割れてしまいます。

 

 

打ち込みました。そしてドライバーの左側にスプリングピンを打ち込みます。これはギザツキですがジェットに対しては回転しないで固定ですので、傷が付くなどのことは無いと思います。

 

そして柄を打ち込みにしているのはあまりに強い力でジェットを締めこみ傷める事を防ぐ目的がありますが、もしもゆるゆるになってしまったら接着剤などで固定してください。柄は木材なので湿度や温度で収縮します。絶対に緩まないようにしたい場合はノックピンを打ち込んだ仕様もありますのでお申し付けください。

 

 

 

D:画像:オークション管理:ジェットドライバー

 

ウェーバーでの使用例です

全長約10cmで扱いやすく収納しやすい

幅が狭いドライバーでウェーバージェットを回そうとするとこのようにジェットホルダー溝が変形しやすいです。

また幅がちょうどよいドライバーを使っても回すときに外側にずれてキャブ本体の壁を削り込んだりしますが、出品の専用ドライバーにはガイド突起があるのでずれません。

後端部は細くなっており滑り止めが刻んでありますので油の手でも滑らず、早回しが出来ます。

このようにエマルジョンチューブとかみ合います

 

摩擦力だけでここまで保持できています。これによりピンセットなど使わなくてもキャブからホルダーをすくい上げることができます。


 

 

ウェーバー アイドリングジェット用ドライバー

 

ウェーバーのアイドリングジェットを抜き締めする専用ドライバーです。

アルミで出来ていますので、ジェットを痛めません。また通常のドライバーよりコンパクトに作ってありますので、収納が都合が良いです。

前述のウェーバージェットホルダードライバーとデザインがセットになっています。

 

 

 


 

 

 

ウェーバーダウンドラフト用ロングタイプジェットドライバー

 

ダウンドラフト用ロングタイプジェットドライバー

上向きファンネルをかわす為、シャフトが長くなっています。

 

サイドドラフトでも

長いほうが使いやすいと言う方もどうぞ

 

全長が270mmあります。シャフトの径はおおよそ10mmです。

 

先端の造りは普通サイズと同じです。

 

 

 

 

全長180mmのセミロングタイプです。

この方が使いやすいという方もいます。

 

 

ご使用時の注意事項

・このジェットドライバーはジェット専用であり、A2017ジェラルミンで出来ておりますが、

あまりに強い荷重をかけると変形します。(その代わりジェットは傷みません)

 

・最初の使い出しはジェットが緩んだ状態からこのドライバーで締めこむところからお使いください。

他の工具で固く締めこんだジェットをこれで緩めようとすると破損する場合がございます。

2回目以降は普通にこのドライバーで締め緩めをしていってください。

 

・柄の部分は固い木材(縞黒檀)でできており、打ち込みになっていますが、乾燥がひどいと打ち込みが空回りする場合があります。その場合は接着剤で固定するか、こちらに送り返してくれれば修理いたします。

 

・別途、ソレックスビジェットタイプ用もございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソレックスモノジェット用ジェットドライバー 詳細はこちら 

 

ソレックス ジェットホルダー固定用専用工具 ジェットスタンパー

のページ は こちら つづく

 

 

ホームへ 戻る