s30z・ハコスカ・日産旧車 プロペラシャフトのオーバーホール・十字ジョイント交換・長さ変更・スパイダー


プロペラシャフトのオーバーホール

ジャーナルジョイント

2017年8月3日

プロペラシャフトのオーバーホール

 

 

振動が激しいということでプロペラシャフトのオーバーホールを依頼されました。送られてきたのですがそもそも画像Aとaの位置が90度ずれて取り付けられています。このように組むと振動や音が発生します。でもこの時点ではもともとこのように取り付けられていたのかどうかわかりません。外してから仮にこのように組み付けたのかもしれません。

とにかく分解してゆきます。

しかしプロペラシャフトよりドライブシャフトの方が仕事としては過重ですので、プロペラシャフトに決定的なダメージが起こることは稀です。

分解したフロントの十字ジャーナルはこのような感じで消耗していますので動きがカクカクなることは普通に起こります。

しかしこのリヤ側のジョイントについてはすでに全くベアリングが存在しませんでした。粉々になったり飛び出したりしたのでしょう。

 

これで良く走れていたものですが症状的には振動がひどいということだけの様です。まだ反対側がこらえていたのでその程度で済んだのかもしれません。

この部分の十字ジョイントはこのようになっていてもう限界に近かったです。

分解後きれいにしてゆきます。

分解は何十年もメンテされていなかった場合かんたんには分解できません。各部に無理を掛けないように気を付け名がらプレスで何とか分解してゆきます。

十字ジョイントは今や貴重な純正新品の在庫品を使って補修します。

こんな感じで組んでいきます。

このときに重要なのはC形状をしたスナップリングの選択で日産純正は0.025ピッチで4種類が準備されていて測定値から選択使用するようになっていますので、組み付け時は正確は寸法測定が必要です。

復元しました。

この画像のようなスプライン差し込みの組み合わせを守ることが必要で、黄色のペイントで位置を明確にしておきました。

これで振動は出なくなると思います。

 

プロペラシャフトのオーバーホールの完成です。

プロペラシャフトに心配ある方は、一度オーバーホールしてみることを勧めます。

オーダーはこちら 


2019年9月10日

岡山のハコスカフルレストアのオーナーから駆動系刷新ということでデフ・ドラシャ・プロシャの3点セットでオーバーホールをお受けした中のプロペラシャフトです。このプロペラシャフトはハコスカの中でも貴重なスプライン差し込みタイプのペラシャフトで、中間にスプラインすべり勘合がないので回転振動が出にくいぺらシャフトとなるのではないかと思います。

分解してゆきます。

 

分解前のチェックで動きにクリック感が感じられたフロント側ジョイントはこのように分かりやすく軸に段付きのへこみが出来ています。

 

クリック感はなかったがジョイントの動きが軽すぎるリヤ側はこのように軸に焼けが見られました。


 

日産純正のジャーナルを使って再組立てし行きますが、クリアランスにより調整クリップの板厚を選択して組むやり方は共通です。

 

組み終わりました。

新たに組んだベアリングに下回り錆止めの黒スプレーがかかっていないのできれいで気持ちいいです。

完成です。


2020年7月27日

継続していろいろオーダーしてくださる方から今回はプロペラシャフトとドライブシャフトのオーバーホールを依頼されました。画像でたくさんプロペラシャフトが有りますがS30Zのプロペラシャフトに使えるものとしてだけでもかなり種類が有ります。

一番下が今回依頼されたノーマルの分解可能なプロペラシャフト。

真ん中は非分解式のプロペラシャフト・52年ごろからこちらのタイプに変化しているようです。

一番上はS30Zに使えるプロペラシャフト・ほんの僅か長いですがOKです。

少しへこみがありますがこの程度なら問題ないと思います。

全部いっぺんにやっています。

各パーツには識別記号付けて管理して組み戻すとき相手ペアがどれかまごつかない様にしています。

汚れや漏れたグリースをきれいにしてから塗装していきます。

プロペラシャフトはほぼ完成です。

プラボックスの中が選択制のクリップで0.025mmピッチの板厚が有ります。このクリップの打ち込み(取り外しも問題だけど)はコツが必要で、画像の中の銅ハンマー1本ではうまくいきませんので、いろいろな道具を駆使して行います。クリップ打ち込んで動きが緩かったり固かったりする場合は適度な渋さになるまでクリップを入れ替えて調整します。

こちらはドライブシャフト。

・こちらもゴムブーツの挿入(簡単には入りませんよ)

・ブーツバンドのしっかりした加締め組み付け(緩いとグリース漏れ・固いとゴムのはみだし千切れ)

・クリップの選択組み付け調整(自分はクリップを溝にあてた時の感触でおおよそ適否が読めるようになりました)

がスキルポイントとなります。

スキルとともにやはり専用の治具・工具。工夫が必要となります。

ドライブシャフトの組み付け完了。

R180・R192・R200に適合する両フランジドライブシャフトです。(スバルR180もOK)