R192デフのオーバーホール その2

2018年1月17日 

            その1はこちら

Z432やハコスカGTRなどにはデフとしてR192が使われていますが、このデフは手が込んでいます。その分オーバーホールも容易ではありません。

 

今回水色の冶具を作り作業をしやすくしています。

またこの冶具は最終回転試験もできるように工夫しています。簡易試験機 e-zanaraizer for デフ

です。

分解してゆきます。

サイドフランジをはずしてLSDを摘出

イニシャルトルクを測ると3Kg~3.5Kgとかなり少ない値です。

ピニオン側も分解してゆきますが、ここのベアリングケースが何か傷をつけられています。おそらく外輪の供回りを警戒しての作業と思われますがもう少し丁寧なやり方は無いのでしょうか。

ピニオン分解です。

 

右側のピニオンフロントベアリングは入手不可能でしたが今回特別にある数量だけ製造していただきました。(私の販売のページから購入できます)

また、中央部にあるシム類もプリロード調整で必要ですがこれも製造廃止なので、0.1mmから0.5mmまで何とか揃えました。(私の販売のページから購入できます)

 

長らく交換していないベアリング面はよく見るとこのように傷だらけです。

 

こちらは新品ですが当然ですがこのようにきれいです。


準備したシム類

 

プリロード調整シム 0.6mm→0.75mm

これだけベアリングが減っていたということですね。

 

フロントフランジのシール面もガリガリですが修正です。

 

同じくサイドフランジもガリガリ


サイドフランジですがR192はデフ玉を受けるテーパーベアリングとサイドフランジをガイドするサイドベアリングが構成されています。R200などはサイドベアリングはありません。

LSDを分解します。構成は通常の構成で、ピニオンは2ピニですね。

 

このLSDはスプリングプレートの組み付けで間違えたのか、意図的なのか1枚がそれぞれ逆組になっていました。

今度はイニシャル5Kg間違いなく出ています。

サイドフランジを組んでいきますがこの星型のような形のシムプレートも製造廃止です。

これも今回特別に0.15mmから0.8mmまで製作しました。(私の販売のページで購入できます)

 )

逆転側の歯当たり良さそうです。

 

正転側の歯当たり。あまりよくなく、ヒール側内径側に当たっています。これだとNGでピニオンまで全部分解してやり直します。デフはこれをひたすら合わせる作業です。

 

何回目かで何とかこの状態となりました。

シムを3.30mm→3.25mm


リング40枚 ピニオン9枚 4.444

ピニオンプリロード10.5Kg

オーバーオールプリ13.5Kg

バックラッシュ 0.09~0.18mm

LSDイニシャル 5Kg

 

値的には良いですが、ピニオンギヤリングギヤともに目視でわかるほど摩耗痕がありましたので、どうなるかは微妙ですが、かなり戻せたとは思います。

 

交換したベアリング類(シールが一部映っていません)

最後にe-zanaraizer forデフ で回転試験します。