2020年11月7日

デザイナーのS30Z

白いボディーとオーバーフェンダーやインスペクションリッドやボンネットルーバーのガンメタの対比がきれいなこのZはモックアップモデルのデザインまで手掛けるというデザイナーが持ち主です。

今回のレストアのもう一つの大きなアイテム、ミッションのコンパチ化Ωバージョン改造のためにミッションを準備します。

ついていたミッションはかなりやれていますし、しかも形状からしてs130のミッションですので途中で一回は交換されていると思われます。外観的にはオイル汚れがかなりひどいです。

シフトレバーを外してみると先ず、丸い軸受けの中にあるべきブッシュが消滅しています。その残骸と思われるものが右側に脱落していますので、これではさぞかしシフトがふにゃふにゃだったことでしょう。

シフトレバーはここについていますがこの中も異物がいっぱい入っていました。

ケースを分離しました。左側が分解したケースですがオイルと砂ゴミが固まって真っ黒に汚れています。

右側に見えるのは別のミッションですが、ウェットブラストをかけていますのでもともとは同じ感じに汚れていたのですが抜群にきれいになっています。見えないところですから気にしなければいいのですがこの差は歴然です。できる事ならウェットブラストを掛けた方が良いです。(40000円できれいになります)

内部のギヤの状態はこのように一見きれいに見えます。S130系のワーナーシンクロの中期タイプと思われます。

ざっと見ただけでこの部分がすぐに違和感がありました。カウンターベアリングのボール保持器が破損しています。平たいタガネのようなものはわかりやすく指し示すために置いています。

回転させてみるとベアリングボールが3個ぐらいすでに脱落してありません。これらの脱落した保持器残骸とベアリングボールはオイル交換の時に流出したのだと思いますが(今回のオイル抜きでは出てこなかった。又ドレンプラグのマグネットにも何も吸着されていなかった)、よくこの状態で何事もなかったことがおどろきです。実際、私もこの状態でテストドライブしているのですがこの異変には気ずきませんでした。人間の感覚がいい加減なのか、ベアリングが優秀なのかわかりませんが、オーナー様が今回ミッションが変だということを察知したのは素晴らしい感性だと思いますし、毎日乗っているからこそ察知できる強みだと思います。もう一個さらにボールベアリングが脱落したらミッションは完全に分解ロックしていたのではないかと思われるくらいぎりぎりの状態でした。