TC24, ハコスカ,Z432,S30Z,ミッション,コンパC,クロスミッション,71B,71C,L型,

2021年4月1日

71BコンパチC Ω34cross 

              for TC24

ハコスカのなんとTC24エンジン仕様車用のミッションを作ってくれというご要望でミッション素材が送られてきました。

 TC24はL型とはエンジン傾きが逆なのでこのDR30用ミッションが使われるのが定石ですが、このドナーミッションはだいぶ消耗が激しいようです。今現在は71Bも良品はなかなか手に入らないので仕方ないかもしれません。

先ずメインインプットが錆びてしまっていてどうも復活が難しそうです。

こちら側から見るとベルハウジングのエンジン取り付け面形状がL型用とは大きく異なるのが良くわかります。

開封しました。

このドナーミッションとしてはこのタイプの典型で大まかにいうと1-2速が71Cのハシリというか機構が類似でシンクロは大径になっていますがシングルシンクロです。

3-4速は71Bの面影をそのまま残した71Bの小径シングルシンクロというパターンです。

 チャタリング音防止シザースギヤは付いていません。

この個体はかなり特殊で、カウンターのベアリングサイズが71Cと同じ大径ベアリングとなっていますので、ミッションケース側ももちろんそれに合った寸法でいわゆる71Bとは異なっています。これも過渡期的な仕様なのだと思います。

 

 

このドナーについてはシフトフォークも上記と同じ事情での仕様です。

いつもの通り部品を準備して組み立てに入ります。カメアリクロス組、ハブスリーブは新品を使用。ベアリング、ニードルも新品

 白い箱3個と茶色い紙包はカメアリクロスセットでもちろん新品です。

かなり端折りましたが、ギヤ部分の組み付けが完成です。メインインプットも新品、3-4ハブスリーブも新品ですので新品率90%となります。

 DRではついていないチャタリング軽減シザースギヤも新品でセットします。

ギヤ精度

 1st  2nd  3rd    5th

エンドプレイ

0.23 0.19 0.22ーーー0.05

バックラッシュ

0.18 0.12 0.15ーーー0.11

 

全く問題の無い値です。

シフトフォークも71cのフルセットでしかもほぼ新品で組み付け。

ミッションケースに組みました。

ミッションケースはブラストしたのでまるで新品のようになっています。最初の画像と比べてみてください。これだけ変化します。

 

フレームはミッション試験機のフレームでこれから回転試験に入ります。

上から見るとこのようです。

ベルハウジングの中、これも信じられないくらいきれいになります。


2021年4月27日

71BコンパチC Ω35 cross

 このところクロスギヤ組が続きます。

71Bミッションを支給していただきコンパチ化するとともにクロスギヤ組み込みをいたします。

 最近は71Bミッションも価格が信じられないくらい高騰していて私の所でも手持ちの71Bは数少なくなりましたので今までのように71Bミッション一式込みのコンパチ化が固定価格では困難になってきています。現在は71Bミッション支給、または下取り前提でのお取引に移行しています。71Bミッションケース込み一式でのご依頼の場合71Bミッションケース分は時価で上乗せ計算することになります。

 

カメアリクロスで組んでいきます。2速、3速とカウンターギヤ

4速メインインプットまで組みました。Ωバージョンですので4速もダブルシンクロとなります。またカウンター前にはアイドリング時のガチャガチャ音軽減シザースギヤ機構が組み込まれます。

リヤ側 5速は0.75ギヤ比で71Cの純正です。シフト形式としてはリンク式となります。全体的には今や貴重なR32用71Cミッションを基本としていますが、このミッションもオークションでもほとんど見なくなったミッションです。

 このところ71Bはともかくとして71Cまで値上がりしてきていますが、私は良質な71Cが見つからない場合は純正新品を使ってしのいでいます。71Cについては価格はともかくとしてすべて日産純正で作り上げることも可能です。

精度測定に入っていますが、画像の見慣れないプレートはバックラッシュを測定するときにフロント側が遊ばない様にケースに入れた時と同じ芯間で固定するために私が作ったもので、芯間の精度は±0.02以内です。日産の特殊工具にはありませんよ。

精度

 1ST  2ND  3RD   5TH

エンドプレイ

0.30 0.16 0.20ーーー0.05

バックラッシュ

0.18 0.13 0.20ーーー0.08

良い値です。そしてやはりカメアリクロスは3速のバックラッシュ・エンドプレイは大きめの設定の場合が多いような気がします。

 

いつものようにシフトフォークを組み付けます。

一番右のシフトフォークは材質が異なっていますが、これがR32のシフトフォークの特徴でここの部分を大きく強度アップしています。

 左側の5速ーバックはリンクタイプのシフト機構で最近では数少なくなってきた個体です。特徴は機構が単純で強度が高くすっきりとした状態であることです。