71A3分割ミッション・FS5C71A・オーバーホール・ポルシェシンクロ・Z432・GTR・SR311・ワーナーシンクロ



2020年10月18日

SR311 71Aスペシャルγ31-W

SR311はフェアレディーの元祖ですのでいろいろなところにそのDNAが引き継がれている訳なのですがミッションもまさにそうで、S30Zもハコスカも71Aの3分割でケース長さが異なるだけで中身はほとんど同じで、これはミッションが71Bに変わる50年式ぐらいまでの初期・前期フェアレディーに使われているのはこのミッションです。ハコスカもほぼ同じ。とくにS20エンジンのZ432やハコスカGTRは現在でも多くがこのミッションを乗せています。(リーズナブルな価格で他のミッションを乗せる手段がない為。高価なケンメリ2分割ケースを使えば71B、71C自由自在に交換はできるけど、)

この辺の事情もSR311も同じでほぼ他の選択肢が無い状態だと思います。(こちらも現在でも入手できる2分割ミッションケース代替品を使えば2分割71B・71Cミッションにできますが、こちらはラダーフレームへの取り付けにいろいろ改造が必要となります)さらにSR311はミッション交換が上側への脱着しか手段がなく、エンジン・ミッションを一体で脱着することになります。

 というわけで今回はこの71A3分割ミッションを一生降ろさなくても良いように万全のミッションにしてくれとの要望でミッションが送られてきました。

先ずは分解してゆきますが見たところ大きな損傷はないようですし、オイルの状態も悪くはないです。

シフトフォークを見るとやはり爪の部分が斜めに変摩耗しています。71Aの多くがこのようになっていますが、以前より指摘しているようにここは71Aの最大の弱点でシフトフォークがシフトスリーブをバランスよく押していない(180度地点を押していない)上に、重いポルシェシンクロを押すためにこのようになってしまいます。反対側も同じでした。

結果このようにスリーブの3か所に欠けが発生しています。これはスリーブを傾けてスライドさせたためにハブに対して片当たりしたために折れた物です。これでもシフトはできることはできるのですが、いずれはポルシェシンクロリングにダメージを起こすことでしょう。そして折れたかけらはどうなったのでしょう。

欠けたところの拡大

5速のスラスト面もこのミッションの鬼門で、良く焼き付きが起こるところですがこのミッションに関しては5速が比較的新しく見えるので途中で交換されているのかもしれません。