2023年6月24日

魔界エンジン MEー6 製作開始

 静岡県内の方から魔界エンジンの製作依頼がございまして、開始いたしました。 画像は今まで使っていたエンジンを支給されたもので、ある程度はチューニングされているが調子が良くないとのことで、不具合箇所は修理してほしいという要望です。

ME-6ー1 素材エンジンの調査

ME-6-2 新規ヘッドチューニング

ME-6ー3ー1 腰下加工その1

ME-6-3-2 腰下加工その2

ME-6-3-3 腰下組付け その3

MEー6ー4 エンジン組み立て・調整

 


エンジン補器取り付け

 

クランクプーリーを取り付け

ATIダンパーを使うのでまずはハブを取り付けます。

そしてダンパーの取り付け

ハブは28Kg/mと締め付けトルクが強大なのでこんなビッグサイズのトルクレンチで締めています。

プーリーの振れをチェックしています。

ウォーターポンププーリー取り付け

ATIのウォータープーリーは回転を落とすためなのか巨大です。セットできる最大のサイズです。

エンジンン高回転では馬力ロスを低減できることでしょう。

オルタネーターを取り付けていますが、プーリーはATIに交換しています。ベルトがVベルトではなく、現代車の様な多条ベルトです。

 

右側にディストリビューターもついていますが、OS技研製のディストリビューターです。

クラッチを取り付けます。

OS技研のツインプレートです。

クランクはいわゆるケツ切なので出っ張りが少ないですね。

フライホイールを取り付けます。

ボルトはARPの強化ボルト

プレート類

ツインプレートの場合はプレートの芯だしは丸棒の芯だしジグではなく、スプライン付きの芯だし治具がマストです。

取り付け完了です。