S31Zをチューニング サーキット フルチューンエンジン コンパチミッション キャブ調整 ウェーバー ソレックス エンドレスブレーキ

 

富士スピードウェイへの挑戦 

その1  その2  その3  その4 その5  

 

 

2021年2月20日

 富士の長ーいメインストレートで210Kmまでスピードを上げて第一コーナーに入るときのブレーキングですがどうも恐怖感がぬぐえない今日この頃で、フロントブレーキについては純正ノーマル2ポッドのフェロードパッドから始まり、MK63にしてパットもスポーツパッドにして、ローターもソリッドから、メーカー不明のベンチローター、そして現在のカメアリφ275フローティングベンチローターに変遷してきています。パットはプロミュー・カメアリ・エンドレスといろいろ変換してきていますが、10周目あたりからのフェード感とジャダーがとても気になるのです。

 と言ってもそんなにブレーキを奥まで残して酷使してそうなっているのではなく、ブレーキ効かなかったたらどうしようと怖いのでコーナーのはるか手前からのブレーキングしかできないですけど。

今回は思い切ってブレーキ対策です。

MK63 そのデザインと言い、機能と言い申し分ないのですが富士SWでは相当な軽量車でないと、長時間の周回はリスキーです。

 ノーマル車で一般的な走りでは、デザインが旧車にマッチしていて、効きも十分なので人気が有りますね。重量は4.5Kgでした。

今回準備したブレーキはエンドレスのMONO4

というジェラルミン鍛造一体の高剛性の4ポットキャリパーです。

15インチ用なのですが、ものすごく大きく感じますが重量はジェラルミンなので2.5Kgしかありません。(パット込)

 

鍛造の造形なので肉抜き軽量化した形状が鍛造しやすい形状におのずから決まってしまうので、私から見ても必然性のある自然な形状に見えます。

 鍛造で作ることの意味はエンジンの鍛造ピストンと同じ理屈で、素材の内部で鍛流線がつながっていて亀裂などが生じにくい・鋳物スが発生しにくい=強度が高い

モナカの合わせ構造でないのでボルト締結構造でなくボルトの伸びによるキャリパーの開きがほとんど無い

等の長所が多々あります。

キャリパーの大きさがこれくらい違います。

そしてローター

左がエンドレス

右が今まで使っていたカメアリ製

 

直径がカメアリ275mmから φ300と

15インチホイールで入るギリギリのサイズです。

このように見るとその大きさの差は明確で1.5倍ぐらいになった感じがします。

重さ的にはやはり今までの4.5kgから6.5kgと2kg/片側重くなり、合計4kg重くなりますがキャリパーが合計で4kg軽くなっているのでトータルは同じになっています。

 この重量=体積がブレーキング時の発熱の吸収に非常に重要になってくるらしいです。

取り付けた状態

ホイールが15インチなので旧車でも違和感の少ないバランスだと思います。

キャリパーのカラーは鍛造モノブロックの場合この色でしか製造できないようでこの色となります。あまり目立たない色ですが私的にはこの方が好みです。

キャリパーとホイールとの隙間は2mmくらいとすれすれでバランスウェイトの貼り付け位置によっては干渉が心配なほどですが、今回は一発で手つかずでOKでした。


2021年3月20日

富士スピードウェイエンドレスお客様感謝デー

 エンドレスブレーキを装着してちょうどエンドレス走行会ですので参加して、エンドレスブレーキの効果を見てみます。

左側のが私のS31Z

右側は私がサーキットの狼さんと言っているS30Z

こちらは ミッションは71BコンパチC Ω13 OSクロス

デフはR2004PLSD 3.7ギヤ比 

ドライブシャフトフルオーバーホール

いずれも私がお手伝いしたところです。

旧車走行会のように見ますが実際は旧車はほぼこの3台で、あとはR35GTRからBRZ、ロードスター、インプWRC、外車勢ポルシェなど総勢200台くらいかな。

びっくりなのはアタッククラスで車種が分からないくらいモディファイされたレース仕様車が出てきますがそのラップタイムは 1分38秒 前後と恐るべきタイム。

 

富士スピードウェイ走行動画です。左上のステーは上側に付けたカメラの支柱ですが映りこんでしまいました。

撮影と編集はこのところサーキットでご一緒する画像編集の達人にやっていただきました。

この動画はこの時の2回目の走行枠の画像でラップタイムが最高2分17秒となっていますが、

1回目の走行枠では下記の通り2分13秒が出ていました。

そして今回の私のラップタイムはというと、とうとう 2分13秒 と15秒台を切るところまで来ました。

その要因はやはりブレーキの強化によるところが大きいのは間違いのないところでしょう。

どんな所からでも安心してブレーキが踏めるというところから、走り方まで大胆にできるようになり、今回はかなりオーバーアクションでリヤ側を振り出す走り方に替えていますのでそこも影響が有ったと思います。

何はともあれ、15秒切り 当初から他との競争ではないと唱えつつもやはりタイムアップするのは達成感が半端ないですので、人間の欲望はさらにむくむくと沸き上がり 10秒の壁がチラチラと目の前をよぎるのです。

次はどこイジロウ。


2021年4月30日

ミッションオイルクーラーの取り付け

 だんだん富士スピードウェイでのラップタイムが上がるにつ入れてミッションオイル温度、デフオイル温度ともに上昇してきます。私はそれぞれ専用温度計を取り付けて室内でモニターしていますのでタイムアップにつれて温度がどんどん上昇してゆくのが分かります。ミッション温度は130度、デフオイル温度はさらに高く140度近くになります。もっと早い人はこれらは150度くらいまでになる様です。

 さすがに71Cのダブルシンクロのコンパチミッションといえどもオイルを失ってしまうとシフトは素早くは出来なくなってきますので、ミッションオイルクーラーを設置します。

ミッションクーラーは床下の狭いところに付ける場合はかなりコンパクトなコアが必要ですが、その中でも効率が良く信頼感のあるこのセトラブの185×100というコアを使います。

コアの両サイドに取り付けステーを作ります。コアへの振動を抑えるため間にゴム緩衝材を挟んで作っています。材質はステインレスです。

コアを吊り下げるステーです。同じくステインレス材ですが、作業のしやすさを考えると普通の鉄材でも良かったかも知れません。

ステーに取り付けました。

横から見るとこんな感じ

取り付け位置は上下2段で調整できるようにして、

取り付け角度も変更できるようにして

床下での冷却風の取り込みと地面との干渉を避けたぎりぎりの位置に設定できるようにします。

前から見るとこんな感じです。