日産旧車の駆動系レストア

 デフR180R200他 LSD ドライブシャフト プロペラシャフト

 

だんだんと事例が集まってきたのでこちらで集約していきます。

2017年1月19日

ミッションでいろいろご相談してきた埼玉のSさんから、今度はデフが送られてきました。

いままで3.7の減速比だったので4.1に換えたいということです。

 

 

デフケースですがきれいに塗装されています。

早速内部を調べてゆきますが、LSDがついていてOS技研のスーパーロックです。3.7のリングギヤはすでに取り外されていて、4.1リングギヤが同梱されています。デフケース・ピニオンギヤ・他パーツはもちろんすべてこの4.1ギヤとセットのものです。

サイドベアリングを外してみるとところどころ引っかかったような傷があります。(左側)何か異物を噛みこんでいた感じです。レース面にもよく見ると細かい金属片がめり込んでいるのが分かります。

右側も同じような感じですが、こちら側はよく見ると画像中央部付近だけレコード盤状の傷が細くなっています。ここだけ凹んでいる?なんなんでしょ・・・・

 

どっちにしてもこのベアリング使えないので交換です。

なんでもそうですがこういう機構パーツは寸法測定が大事だと思います。特にデフはプリロードとバックラッシュが云々されますので0.01mm単位が影響してくるはずですので正確に測らなければなりませんが、実はこれが奥が深く難しいと思います。

 

メモ

ケース182.12

ベア左20.72

シム左2.25

LSD128.00

シム右2.35

スペーサー右8.03

ベア右20.74

プリ 0.01

2017年2月6日

 

sさんと相談して今回はピニオンベアリングまで確認に決定したので作業に入ります。

 

先ずは現状のピニオン部のみのイニシャルトルクを測定します。オイルシールが無い状態で測定しますが値は3.37kg/cmと良い値です。

 

確認後分解に入ります。プレスで押すのですがかなり圧入力は強いです。ちゃんとしたプレスが無いと難しかったです。

完全分解いたしました。ピニオンは問題なくきれいです。

ベアリングリヤのアウターレースですが、経年変化相応の摩耗が見られますが、異常な状態では無いと思います。

同じくセンターベアリングですがこれも問題ない感じです。ただ右45度のところ摩耗痕が細くなっていますが、こういうところがやはりデフの癖というべきものかもしれません。

べリング類を準備してゆきます。

結構手間がかかります。