看板車のS30Zをリフレッシュする その1  その2  その3

                           (現ページ)

2021年3月29日

看板車のS30Z その3

 昨年に引き続き今回もさらなる進化を続けます。今回はエンジンのチューンと足回りの改善

 向こうに見えるサファリZと同時進行です。

今回は主としてヘッドチューンですので、定番のN42ヘッドを手に入れて外段取りで先ずヘッドを作っていきます。今回はまったくの街乗り仕様ということで過激なチューニングはせずに乗りやすいチューンエンジンを目指します。

・圧縮比を11付近を狙う

・カムは73度A

・強化バルブスプリング

・ポート軽チューン

が主な内容となります。

エンジンはいずれにしても降ろすのでエンジンチェックと今回は特に私の考えて設計製作した革新パーツ

「クランクラダー」をモニター価格で取り付けます。

クランクラダーはL型エンジンの長いクランクで不完全バランス、重いピストン、重いコネクティングロッドの

純正ノーマル状態エンジンでこそ、その効果が大きいと言っても良いパーツです。高回転での加速フィールを改善してくれるはずです。

もちろんエンジンに大きな負担のかかるチューニングエンジンでもエンジンを壊さないという大きな効果が有ります。

 

N42ノーマル燃焼室

N42はノーマルでもすでにL20に比べればバルブ径が大きいし、さらにP90ヘッドより燃焼室容積が少ないので少ないメンケン量で圧縮比を高く設定しやすいです。

ノーマルのポートです。

マニフォールドのシートリングとの段付きだけは削って整えていきます。今回はマニフォールドの拡径はやらないので必要最小限の削り調整にとどめます。

こんな感じで削りますがノーマルママの状態ではほとんどシートリングとの境目に段付きが有ります。排気側は裏側になるのでともかくとして、インレット側は段付きが有るとまともに吸入抵抗となります。

マニフォールド側も今回は手つかずで行きますので、ごく軽く鋳物の不整を整えるだけです。お金が掛けれるならここも機械加工で拡大したのちハンドワーク仕上げとなります。加工で失敗したりすると水穴に削りが貫通したり、鋳物スが出てきたりしますので、ここからは費用が大きくかかるようになりますので、ここの選択決断は重要です。

そしてこの後バルブシートカットとバルブフェイス加工に出します。バルブはN42ノーマルバルブとなります。