2020年1月8日

HLS30Z 帰国子女の車会復帰

 

テキサスから逆輸入されたばかりというこのHLS30を日本でもしっかりと走れるようにしたいというご要望でお預かりしました。

 

・帰国子女の車会復帰 まとめ

・帰国子女の足回りブレーキ

・     エンジンルーム

・     駆動系

・     室内

・     ボディー外周り

S30Z 帰国子女の足回り

 

サスペンションですがサビサビの砂だらけなのはともかくとしてスプリングがバリアブルの硬めの設定で突き上げが気になります。USA人の好みなのかそれとも設定なのかものすごく初期たわみを大きく取って有り、純正以上に長いコイルをものすごく縮めてセットしてありますのでストローク初めから固い状態だと思います。

ストラット外してサス周りの砂とオイルの混ざって固まったものをこそげ落としてゆくとこんなに出てきました、テキサスの砂です。

ショックはこの見慣れないカヤバのカートリッジでした。オイルショックです。

今度はビルシュタインに入れ替えていきます。

スプリングはノーマル調整品に変更しています。これだと車高が3cm~4cm下がるようになります。スプリングの硬さはノーマルとほぼ同じになりますが、ビルシュタインショックで動きをコントロールしてノーマルスプリングでコーナリングでも安定した乗り味を出してゆきます。ビルシュタインショックは自分は減衰力を何度か調整してもらい良い値を探し出しています。

同時にブレーキのチェックに入ります。

キャリパー外しましたがサビサビです。

特にこの1っカ所のピストンカップは抜けてくる気配が有りません。通常のやり方でブレーキパイプからエアー圧掛ければ大抵の場合抜けてきますがここまで錆びるとびくともしません。ピストン固着ということです。

ピストン捨てる覚悟でここまでやりましたが全くダメ、キャリパーからピストンが抜けないとキャリパーがオシャカになります。

 

固着している側のローターはサビサビでほとんど効いていない状態だったようです。

 

まだ動いていた方はローターは正常ですが対向キャリパーの場合こうなるとブレーキの効きは最悪になります。


おまけにキャリパーからブレーキパイプ取ろうとしたらポッきりと。

いずれにしてもこれじゃだめだな。

 

ブレーキマスターシリンダーをはずした。

ブレーキブースターがなにやらヒョウ柄のようになっている。

ブレーキマスターはトキコなんですがUSA当時仕様ですが、上の日本仕様とかなり異なります。下側に出ているブレーキパイプの接続口がフロント Fとリヤー Rが逆で位置も異なっています。

トキコの7/8のブレーキインナーキットはまだ手に入るのですが、下段の左が今現在流通のキットで右側がはずしたピストンですがこの時点ですでに形状が違い、USA品はピストンストッパーを胴部の長穴でやっているので現在流通品は取り付けできません。