2019年2月1日

箱入りZの社会復帰

 北の国から来た箱入りZの続編となります。

 北の国青森から、Zが生産されてからの40年間の内20年間をガレージの中で大切に保管されてきたS30Zワンオーナー車が私のところにやってきたのは、2014年のことですから早5年が経ちました。

そしてとうとう熱烈なS30Zファンとの出会いで社会復帰することとなりました。静岡市内に住む40代の自動車大学の先生ですので必ず箱入りZを大事にしてくれるものと思います。しかし、まず20年間も動かずにガレージ内保管された自動車はどんな状態なのでしょう。車体については雨風は全く受けない環境で夏はエアコン内にいましたので劣化は少ないとは思いますが、さて路上復帰となると・・・。

 路上復帰を目指して新オーナーの先生と私と共同で修理に入ります。

先ずはここブレーキのチェックです。

ときどきガレージから出して敷地内を走ってはいたのですが最近は少し引きずりがあるなと思っていましたが、分解するとやはりブレーキシリンダーからブレーキ液漏れがあり固着状態でした。また、漏れたブレーキ液がシューに回りシューもダメでしたので交換。

 ブレーキシリンダーは確保していた在庫で交換、シューは交換した中古を保管していたのでやはり交換。

順番が前後していますが、サイドブレーキの吊りゴムが完全に劣化切れしていましたので、いつもの方法で修復しています。

元の形はこんなものでホームセンターで買ってきます。

エンジンについては定期的に動かしていたので動くには動くのですがこれも最近ふけ上りがひどく悪くなってきていました。動くのがやっとの状態です。

 症状から燃料不足らしく見えたので燃料ラインをチェックしてゆきます。先ずは燃料フィルターから。

だんだんたどってゆくと電磁ポンプが問題ありで分解しています。先ずは回転音がひどい音でした。分解してみると一番右側のパーツのホース取り付け口が吸入ホース取り付けなのですがそこに小さなフィルターが有り、完全に詰まっていました。ガソリンタンクからの錆に間違いないのでガソリンタンクのドレンからガソリンをすべて抜いて錆を取ります。燃料ポンプも可能な限り補修して交換できるものは交換しますが、異音の原因は真中付近に見える5個のローラーでこれが摩耗していたようです。燃料はこのローラーが下側に見える5か所の溝のある部品の中で移動することで圧送されます。

組み戻しますがそのまま組むとまた錆で電磁ポンプがやられる可能性があるので、ガソリンタンクからの吸い込み側に燃料フィルターを増設します。逆に言うとここに燃料フィルターが無いのがおかしいくらいのことなんですがね。これで最悪またガソリンタンクから錆が出ても確認が可能だし、ポンプも壊れにくくなります。

さあこれで問題ないと車検に向けての検査項目をチェックに入っています。

 お決まりのヘッドライトはハロゲンに交換します。これは S30Z乗りがライトで通る道 で記載しています。

 その他の補器類は全く問題なくチェック終了でもう車検を取るだけということで仮ナンバー取って車検予約してさあ車検だというところで思わぬ問題が発生です。

 

話は飛びますがこの箱入りZは当時の塗装そのままの白で塗り替えられていないので、その白が真っ白ではなく柔らかい感じの白で上品でよろしいと改めて思います。またもちろん車高もノーマルのままですがこれくらいの高さが似合うなーとつくずく思います。

 

 

続く