71BコンパチB’ β7号機~8号機

71Bのプロペラシャフトがフランジタイプの場合、71BコンパチCにしようとするとスプライン差し込みタイプのプロペラシャフトが必要になりますが今S30Zのプロペラシャフトはめったに手に入りません。そこで今回はフランジタイプはそのままで中身を全ワーナーシンクロに入れ替えるβバージョンで組みます。ワーナーシンクロは71Bの最終バージョンとなりますが71Cのように大径ではなくまたダブルシンクロでもないですが71Cが出るまでは普通に使われていたシンクロで、この後71Cになるまでギヤを厚歯にするにあたりシンクロを強化する必要が出て大径のダブルシンクロに代わりました。サーキットはめったに走らない・チューンもほどほど2800cc以下の普通の状態であれば全く問題なく使えると思います。純正ではフランジタイプはポルシェシンクロですので、これも純正ではありえないバージョンとなります。


2017年1月13日

71BコンパチB’ β7

愛知のHさんから、ミッションが2-3速調子悪くシフトが困難とのお話で、対応することになりました。現状のミッションを見たのですが全長が短いショートタイプを無理やり乗せているようです。シフトレバーも溶接つぎはぎのようです。

この際、全体的に正規の状態に戻してゆくことにします。

 240Zですので71BコンパチB’ βバージョンでフランジタイプにしてゆきます。

1-2速を組みましたがフランジタイプなのでリヤのスプラインの後ろにフランジ留めねじ部が付いています。

3速ですがここもワーナーシンクロになります。

5速もワーナーシンクロです。

これでフランジタイプでありながら5速のポルシェシンクロリングの欠品に苦労することはなくなります。

ギヤ比は高速にマッチする0.75となります。0.83 (0.86)も選択可能。

サーキットなら0.83がよいかも

5速の後ろは私の編み出した技、スラストニードル機構を構築します。もちろん71Bでは純正では存在しない構造です。

 

また同時にM38ナットを同じくサイドロックボルトで緩み留めを完全にします。

ギヤ部が完成

ギヤ精度

 1st  2nd  3rd     5th

エンドプレイ

0.39 0.11 0.28 -- 0.22

バックラッシュ

0.14 0.10 0.09 -- 0.16

 

シフト関係が付きました。

シフトフォークは軽量で剛性の大きなジェラルミン製でスライド部にはスライドメタルがありますので摩耗にも強くなっています。

完成しました。

簡易回転試験機e-zanaraizerで2500rpmまで回してチェックします。イーザナライザーも当初の500rpmからとうとうこの2500rpmまで回せるように性能改善してきました。理想はやはり7000rpmまで回したいですけど。

 

外観フランジタイプ71B(通常は全速ポルシェシンクロ)から中身全速ワーナーシンクロにコンパチブルしたβバージョン。

特徴はシンプルであること。これでオイル入れても漏れない単独で完結したミッション・ギヤ歯厚は2800ccまで採用されていた通常71B歯厚ですので重量が軽くシンクロにも負担が少ないです。そして今や高価なスプライン差し込みペラシャを探さなくても今まで使っていたペラシャをそのまま使うだけですのでコストパフォーマンスが良いです。

 

一日日帰りコースでミッション乗せ換えをすることになりました。詳細はこちら


2017年2月11日

静岡県内のTさんから2速が具合悪く治したいということでご依頼を受けました。

 

今回は現在乗っているミッションを送ってもらっての現物改造です。早速分解しましたがFLタイプですので当然ポルシェシンクロです。ギヤ比は通常タイプ。これから分解してゆきます。

 

やはりまず一速、画像中央のCシンクロの開いている部分から右側に金属むき出しの状態になっています。シンクロの限界です。

今回の直接の不具合2速もこの通り同じ個所がもっとひどくほぼ全周に渡って金属表面が出ています。

これからβバージョンのいつもの手法で全速ワーナーシンクロに変更してゆきます。

5速は高速でゆったり走れる0.75ギヤ比(71B純正ではありえないギヤです)。そしてさらに71A・71B系の欠点である5速裏の焼き付き防止機構スラストニードルベアリングを構築します。もちろんこれも71Bではありえない機構です。

 

これは5速の焼き付きを防ぐとともに、この大きなM38ナットのゆるみを防ぎ、またギヤ回転抵抗を減ずることでシンクロ作用の手助けもします。

ギヤ部完成

 1ST  2ND 3RD     5TH

エンドプレイ

0.32 0.10 0.18 ---0.20

バックラッシュ

0.11 0.12 0.05 ---0.06

 

申し分ない値です。

リヤエクステのこの部分の内部にこの金属冠付のオーリングが入っていますので交換します。