71B,71C,FS5W,,FS5C,S30Z,S31Z,ミッション,オーバーホール,コンパチ,71C,71C互換,クロスミッション、ポルシェシンクロ,ワーナーシンクロ、旧車ミッション,日産,

71BコンパチC 各バージョンの詳細については こちら をご覧ください。

 

2021年4月29日

71BコンパチC α78クロス

 DR30オーナーの方からミッションクロス化を依頼されました。DR30とL型はミッションフロントケースが異なるだけで中身は共通ですので機種が異なってもミッション組としては全く同じです。同様のことはもっと後の世代のS13、S14にも同じことが言えるのですがこれらの71系についてはすべて私はその構造、技術を網羅していますので問題ありません。

いつものように1速2速側から組み立てに入ります。クロスギヤはカメアリ3速クロスを使います。それ以外にも71系のギヤ、例えばOS技研クロス、かつてはルート6など有りましたがこれらも使うことが可能です。

フロント側を一気に組み上げます。今回は通常のαバージョンですので4速メインインプットは純正の71C(71Cにも種類が有りますのでドナー準備時は注意が必要です)を使います。このタイプにはカウンター前にアイドリング時チャタリング防止シザースギヤ(サブギヤ)が装置されていることが特徴です。

リヤ側 5速-バックも組みました。

リンクタイプです。R32と同じ機構となります。

 

ギヤ精度

 1ST  2ND  3RD    5TH

エンドプレイ

0.28 0.20 0.22ーーー0.21

バックラッシュ

0.17 0.16 0.19ーーー0.12

値が平均していて良い傾向です。

全体的にしっかり感が出ています。

 

 

 

 

 

シフトフォーク系

これもR32と同じ仕様となります。

今回はDRケースに組んで回転試験して製作完了です。今回もケースブラストしたので新品のようにきれいになりました。

上から見るとこんな感じです。