45年式 S30Zのオートマチックミッションをマニュアルトランスミッションに変更する

駆動系刷新・完全オーバーホール


2020年6月24日

71BコンパチC Ω27

 

 左ハンドルのS30Zを手に入れられた方から、現在オートマチックミッションなのだがマニュアルトランスミッションに変更したいという相談を受けました。逆輸入車でボディーの痛みの少ない良好な状態でしかもオートマチック車ですから激しい運転稼働はしていないことが予想できるので選択としては有りと思います。国内でノーマルできれいなボディー、しかも下回りモノコックまできれいな個体はなかなか無いし、有ったとしてもものすごい値段となります。

はじめはマニュアル化するすべての作業を依頼されたのですが、県外でしかも国内認承まで取るとなると自分一人では荷が重いので、車体組み込み作業をしてくれる地元の専門の車屋さんを探してもらい、私の所から必要なすべての部品をそこへ供給することで話がまとまり進めていきます。部品供給のみといってももちろん取り付けに当たってのご相談はお受けするつもりでおります。

 

先ずはマニュアルミッションですが4速までダブルシンクロのΩバージョンを作ります。メインシャフトをはじめ多くの部品を純正新品を使います。今回はハブスリーブも新品です。

3-4速部分

左側メインインプットをダブルシンクロに換えていることが分かります。その他袋に入っているのは全て純正新品部品です。

リヤの5速、バックの部品

今回はバックまでシンクロが付くバックシンクロタイプです。ここもほとんどの部品を新品純正部品で組んでゆきます。右側の長細い箱はシフトロッド類となります。シフトフォークもすべて新品

ギヤ部について組み付けが完了です。

ギヤ精度

 

    1ST  2ND  3RD    5TH

EP 0.23 0.11 0.15---0.15

BL 0.10 0.26 0.25---0.08

良好な精度です。

ミッション組み込み完了です。

A/TからM/Tに必要なパーツ集めです。

 

軽量フライホイール

クラッチディスク

クラッチカバー

エンジンパックプレート

オイル類

シフト周りの付属部品

ミッションマウント

メインインプットパイロットベアリング

クラッチレリーズ

クラッチホース

クラッチベアリング

クラッチマスター

シフトレバー

ハンドメイドS30Zシフトノブ赤バッジ

フロアダストカバーゴム

同上リテーナー

シフトブーツ

 

この後、駆動系としてデフ、ドライブシャフト、プロペラシャフトも用意してゆきます。

先ずはでデフとドライブシャフト

分解していきます。

 

デフはスバルのR180、特に日産R180で入手困難なLSDを、スバルR180用を使う例が増えているのでスバルLSDをS30Z用に改造してゆきます。

ドライブシャフトの分解

ユニバーサルジョイントが固着して取れない場合が多くいろいろ手順を踏み、自分で製作した特製治具で外してゆきます。無理やり外そうとすると外れないことはもとより、プレスで無茶苦茶に押したりするとヨークが曲がってしまいオシャカになります。

分解が完了してお色直しして必要部品をそろえていきます。画像ではフランジがたくさんありますが、まとめて複数作業しているためです。

組み立てに入っています。

このゴムブーツなかなか通せません。

またこの画面では十字ジャーナルが組んでありますが、ここの組み付けは知恵の輪が得意でないとできないし、ジャーナルの組み立てクリアランス=動きの渋さは選択クリップ式の調整となっています。

フランジが自重でお辞儀するようでは動きが緩すぎ、ジョイントガタの原因となります。ここも複数同時作業しています。

ボールスライドの組み立て。グリースは日産純正のボールスライド専用グリースを使います。

ここの組み立てもコツがあり、経験を積まないと何度もやり直すことになります。

なんか難しそうな事ばかりの様ですが、それだけこのドラシャは難易度が有ります。

ドライブシャフト完成

ニードルベアリング交換してクリップによるプリロード調整をしたのでジョイントがビシッとまっすぐで崩れません。これが自重でお辞儀をしてしまう場合はプリロード不足(ガタが有る)です。

 タイプとしてはオーソドックスなスプライン差し込みタイプのドライブシャフトとなりますので、デフ玉に差し込んだ後付属のM10ボルトで抜け止め固定します。これで日産オリジナルとなります。

デフはスバルLSDを使うので4ピニオンのLSDとなります。カム角はスバル純正90度でマイルドな設定、LSDプレートも渦巻付きの最もマイルドな効き具合の設定でセットしてゆきます。普段使いならこれくらいでいいです。あまりに効きを強くするとちょっとしたカーブでチャタリングが起きてストレスになります。

 イニシャルトルクは普段使いの3.5Kgでセットしました。

サーキット用ならカム角はもっといろいろ選択できますし、LSDプレートも渦無しのスプリングカリカリの16Kgの超過敏LSDにすることももちろんできます。

こうするとカム角がはっきりとわかります。

スバルの中で最もマイルドな90度カム

4ピニオン

LSD組み付け完了してイニシャルトルクの測定

今回は普段使いで乗りやすい3.5kGのイニシャル設定とした。

 

12Kgなどの強烈なイニシャルもできるがそうすると街中でLSDチャタリングに悩まされ走れなくなる。

 

組み立てています。

ピニオンベアリングもすべて交換してピニオンプリロードの設定からやり直していきます。

 

 

 

 

正転側歯当たり

ど真ん中といってよいでしょう

逆転側(エンジンブレーキ側)も良好です。

R180 ボディーは日産

ギヤ比4.111(ノーマルエンジンではこちらが走りやすい)

LSDはスバルの90度カム角でイニシャル3.5Kgの超スムーズ仕様

完成です。

  スバルデフをそのまま流用するとスバル対応コンパニオンフランジのスペシャル部品が必要になりますが、今回は工夫してスバルLSDでもそのまま日産純正ドライブシャフトを使えるようにしました。