2020年11月29日

71BコンパチC Ω29

レストアのページでご紹介している

デザイナーのS30Z 用のミッションを作ります。

現在の71Bミッションをおろしてみますと

内部のギヤの状態はこのように一見きれいに見えます。S130系のワーナーシンクロの中期タイプと思われます。

回転させてみるとベアリングボールが3個ぐらいすでに脱落してありません。これらの脱落した保持器残骸とベアリングボールはオイル交換の時に流出したのだと思いますが(今回のオイル抜きでは出てこなかった。又ドレンプラグのマグネットにも何も吸着されていなかった)、よくこの状態で何事もなかったことがおどろきです。実際、私もこの状態でテストドライブしているのですがこの異変には気ずきませんでした。人間の感覚がいい加減なのか、ベアリングが優秀なのかわかりませんが、オーナー様が今回ミッションが変だということを察知したのは素晴らしい感性だと思いますし、毎日乗っているからこそ察知できる強みだと思います。もう一個さらにボールベアリングが脱落したらミッションは完全に分解ロックしていたのではないかと思われるくらいぎりぎりの状態でした。

いつもの通り組み付けの入ります。

メインシャフトは残り少ない新品を使用します。

71Cの厚歯大径シンクロ仕様は中古ですがしっかりしたものを使い(新品にすることももちろん可能です。価格が一気にアップすけど)、シンクロやベアリングや、ニードルベアリングなどの消耗品は新品に交換してゆきます。2速ダブルシンクロです。

フロント側が組めました。Ωバージョンですから4速=メインインプットも大径ダブルシンクロで、純正71Cでも無かった仕様で、イーザオリジナルです。

これにより現代の高速主体の道路事情にマッチした、3速(Wシンクロ)-4速(Wシンクロ)間の頻繁なシフトを楽しくさせてくれます。

リヤ側の5速、バックも組みました。バックにもシンクロが付くバックシンクロタイプです。(71C系にはこの他にバックリンクタイプが有ります)

オーナー様の要望で5速でも加速力の有る、0.83ギヤ比のギヤ(これもなかなか有りませんよ)を使います。(オプション)

 L3.1のフルチューンならトルクが十分にあるので5速0.75(71Cの定番)の方が加速が伸びますが、2400cc以下の場合や、5速でレッドゾーンまでめいっぱい引っ張る場合は0.83が良いです。(71Bノーマルの純正は0.86です)

リヤのバックシンクロ付き5速組

 

 

ギヤ精度

  1ST 2ND  3RD    5TH

エンドプレイ

0.26 0.14 0.20 ---0.13

バックラッシュ

0.10 0.26 0.20 ---0.09

ベストな値だと思います。

71Cのがっしりしたシフトフォークを取り付けました。これも71Cのシフトがしっかりとする大きな要因です。

組み立て完成して試験しています。

外観はガラスブラストかけたので新品のようにきれいです。

この後 「デザイナーのs30z」へ搭載となりますので詳細はこちら


2020年12月15日

71BコンパチC Ω30 OSクロス

  ハコスカKGC10用にΩを作ります。

1-3速クロスですのでギヤは新品、メインシャフト、ハブも新品を使ったのでここまですべて新品です。

OSクロスは画像のように刃先の厚みがすごく大きく設計されています。歯車の形状は計算式で決められるので(創成歯車なのでおのずと決まる)同じなんですがその曲線のどこを取るか、つまり転移係数をいくつにするかで刃先の厚みは変化してきて、これがギヤの性能を左右します。刃先を厚くすると刃先は欠損しにくくなりますが、歯車がかみ合っている距離が短くなってギヤ面圧が増してゆきますので痛しかゆしの状態になりますが、ここの設計はそれぞれのメーカーの個性となりますね。

リヤ側も組んでギヤ関係は完了です。4速までWシンクロのΩバージョン。3-4ハブも新品使用しました。5速はバックにシンクロ付きの最終仕様で、高速が楽になる(回転数が下がる)  0.75ギヤ比(71Bは全て0.86) 5速ーバックのスリーブも新品。

 

ギヤ精度

  1ST 2ND  3RD      5TH

エンドプレイ

0.35 0.15 0.18 --- 0.14

バックラッシュ

0.25 0.25 0.15 --- 0.05

さすがにほとんど全部新品なので良い値です。

シフトフォークを組みました。

ケースに組む準備に入ります。

フロントカバーは純正新品を使います。ピボットは首の太い強化仕様。

ケースに組んで回転試験に入っています。

振動が少なく、回転抵抗も低くて良いです。やはりメインシャフトからOSクロスギヤ、ハブスリーブ、全ベアリングに至るまでほとんど新品で組んでいますので格段に滑らかな回転をしています。

シフトはもちろん問題なし。5速から真下のバックにストレートで入らないバックチェック機構付き。

シフトレバーブロックにはクィックシフト化できるように支点穴を追加しています。純正の場合は下側の支点穴を使ってください。クィックシフトにする場合はクィックシフトレバーが必要ですのでお申し付けください。

外観的にはウェットブラストしていますので新品のようにきれいになっています。

 

完成です。