71系,FS5,ニッサンミッション,FS5W,71A,71B,71C,71系ミッション,修理,コンパチ化,ダブルシンクロ,4速ダブルシンクロ,オーバーホール,S30Z,S31Z,ハコスカ,GTR,クロスミッション組,リヤエクステンション,フロントベルハウジング,改善,補修

 

71BコンパチC Ωバージョンは71Bミッションの中身を71系最終バージョンの71Cに入れ替えて性能回復を図るバージョンです。Ωバージョンは純正でも存在しない4速まで強烈なシンクロのかかるダブルシンクロとするバージョンです。バージョンとしてΩ、α、β、γ各バージョン×クロス組バージョンが有ります。

 71系ミッション尾輪廻転生 へ戻る


2021年5月29日

71BコンパチC Ω37

 S31Zにお乗りでミッションに不調を感じているというオーナー様からミッションのΩ化を依頼されました。作り方としては今までと同じですがオーナー様用の記録のために掲載しております。このところΩバージョンがご希望が多いので基数が伸びてきています。

1-2速のギヤ組

2速がダブルシンクロです。外観上分かりにくいですが金色に光っているシンクロボークリングがこの内部で3重に組み合わさって強烈な摩擦力を生み出しています。

3-4速側組み付け

4速=メインインプットもダブルシンクロとなっているところがこのΩバージョンの特徴で、こうすることで現代の道路環境で多用する3-4速間のシフトチェンジを飛躍的に良いフィールに変えることができます。このセットだとシフトノブを指でスナップするだけでシフトが可能です。

 カウンター側にはアイドリング時のチャタリング音を軽減するサブギヤ=シザースギヤが構成されます。画像でも少し見えていますがカウンターメインギヤより1歯、歯数の多いサブギヤを接触回転させることで生じる摩擦力でチャタリングを防止します。

リヤの5速-バック側のギヤ組です。

71Cにはバックへリンク機構でシフトするバックリンクタイプと、バックにもシンクロが付いているバックシンクロタイプが有りますが、どちらも一長一短なのですが、今回はバックリンクとなります。バックリンクは機構がシンプルでシフトが確実にできますが、その分しっかりと丁寧なシフト操作が必要です。

ギヤ組が完成です。

ギヤ精度

 1ST  2ND  3RD     5TH

エンドプレイ

0.26 0.25 0.23 ーーー 0.25

バックラッシュ

0.19 0.19 0.10 ーーー 0.05

今回は各ギヤの精度ばらつきが非常に少なく、安定していると言えると思います・

 

シフト関係のパーツを取り付けました。

シフトフォークは相変わらずがっしりしていて、巨大です。

ケースに組んで回転試験しています。今回は外観については不問ということでブラストは実施していません。ミッションは搭載してしまえばあまり目立たないところではあります。

 ミッションとしては完成です。