ビンテージの素晴らしさを探索・残してゆくことを目指して

メール e-za@vintagecraft-e-za.com

TEL 090-7912-7855

所在地 422-8011 静岡市駿河区根古屋100(工房は少し離れています)

自動車商認可 静岡県公安委員会 第49115A000071号 

インボイス番号 T7810709582141   

 

71系,FS5,ニッサンミッション,FS5W,71A,71B,71C,71系ミッション,修理,コンパチ化,ダブルシンクロ,4速ダブルシンクロ,オーバーホール,S30Z,S31Z,ハコスカ,GTR,クロスミッション組,リヤエクステンション,フロントベルハウジング,改善,補修

 

71BコンパチC Ωバージョンは71Bミッションの中身を71系最終バージョンの71Cに入れ替えて性能回復を図るバージョンです。Ωバージョンは純正でも存在しない4速まで強烈なシンクロのかかるダブルシンクロとするバージョンです。バージョンとしてΩ、α、β、γ各バージョン×クロス組バージョンが有ります。

 71系ミッションの輪廻転生 へ戻る


2023年12月20日

71BコンパチC Ω58 クロス

 静岡市のお隣の町、焼津市のハコスカGTR2シーターのご近所さんオーナー様からオーダーいただきました。

S20エンジンですので復刻版のケンメリGTRフロントベルを使う方式です。ギヤ比をよりスポーツ化するためカメアリクロス組、さらに5速のギヤ比は0.83のオプションスポーツバージョンとなります。これで画像のとおりメインシャフトも新品となりますのでほとんどすべて新品部品で組むことになります。

 

さらにこのバージョンの場合はプロペラシャフトがスプライン差仕込み式のハコスカ2シーター用が必要になりますので(ハコスカGTRはフランジ結合の途中にスライド勘合が有るプロペラシャフトが純正です。このスライド勘合部分が車体振動の原因になるという説もあるようです)このハコスカ2シーター用スプライン差し込みプロペラシャフトを準備してオーバーホールいたします。

 

さらに、シフトレバーも純正71Aとは異なる71Bタイプが必要ですのでこれも準備いたします。

復刻版のケンメリ2分割フロントベルです。

後ろに見えるのが亀有クロス、その上のが0.83ギヤ比の5速ギヤセット、その後ろが新品のメインインプットセット、後ろにある長い箱は新品のメインシャフトとなります。

組み立てに入っています。

1-2速までのパーツたちです。

1-2速を組みました。

ハブスリーブ以外ギヤはすべて新品になります。

新品のメインインプット(=4速メインギヤ)をダブルシンクロ化してニードルベアリングを取り付けています。

このニードルベアリングなんですが、71A~71Cまでずっと同じサイズですが、71Cの後期でこのだいぶ大きなニードルベアリングに変更になりました。このベアリングはメインシャフト先端とメインインプットを橋渡しする重要なベアリングです。71Cになってある時期からこの大径ニードルベアリングに設計変更されました。私の想像ではこれは71Cになって大馬力に対処するための強化対策だったのではないかと思います。このベアリングが弱いとメインシャフトの先端が撓む為、特に3速や2速のギヤが壊れやすくなると思います。(71Cターボ車の400馬力以上の話ですが)

左が71Bのメインインプットニードルべアリング

右がこれから使う71Cの対策バージョンの大ニードルです。だいぶ大きさが違うのがわかると思います。

4速メインインプットまで組みました。

ギヤ類はカメアリクロスギヤも含めて全部新品で組んでいます。

5-B側を組みました。

バックシンクロタイプ

ギヤ比は0.83ギヤ比オプション選択ですので、これまた5速ギヤセットは新品となります。

M38ナットは私が最良として考え出した私としてはお決まりのサイドロックボルトで緩み止めしています。

ギヤ精度確認です。

メインインプット側についている四角い治具はミッションに組んだ時を再現するために考案した芯だしジグです。

 1ST  2ND  3RD     5TH

エンドプレイ

0.32 0.15 0.12 ーーー 0.21

バックラッシュ

0.13 0.14 0.17 ーーー 0.10

殆んどが新品ギヤで組んだ状態ですので、当然ながらほぼベストの値になっています。

71Cのシフトフォーク組付けです。

1STのシフトロッドはφ16強化タイプなので、ケンメリミッションケースに合わせて先端のみΦ14に加工して、ミッションケースに合わせます。

 ここでケンメリミッションケース復刻版について一ついつも引っかかるところが有るのですが、お手本としたケンメリGTRミッションケースのバックスイッチの位置を後ろ付けにコピーしているので、71Bのワーナーとか71Cとかのバックスイッチ前付けのギヤセットではバックスイッチがアンマッチになってしまいます。私はいつもこの場合は一手間かけて合致するよう加工しています。

ミッションケースに組みました。

フロントベルは復刻版新品だし、リヤエクステもブラストをかけたのでまっさらできれいです。

これから回転試験をして問題なければ完成となります。

 

ハコスカGTRの純正71Aミッションではプロペラシャフトはフランジ結合タイプ=中間にスプライン勘合シャフトがあるタイプで、このことがハコスカGTRの車体振動の原因になるという説もあるのですが、

Ωバージョンにして71Cにするとプロペラシャフトはスプライン差し込み結合となりますのでそれに合致するプロペラシャフトが必要となります。

 これがなかなかパーツが少ないので用意するのが大変です。復刻されたものもあるようですがなるべくなら純正であることに越したことは有りません。画像のパーツを探してきました。

アッシーしました。

さらに71Aと71Bではシフトレバーが異なります。これも準備いたしました。

ミッションとしては完成です。

 

後は車体に乗せるときの話となりますが、S20エンジンのクランクとミッションがドッキングするときのパイロットベアリング=クランクの後ろ側のところに打ち込まれている が交換が望ましいです。パーツとしては販売されています。

 また、当然ミッションオイルが必要になります。75W-90 または140ぐらいの粘度で2L必要となります。

 


2024年1月14日

71BコンパチC α89

 

今回はこのDR30用のミッションをコンパチ化します。ミッションシフトが不調とのことです。

DR30用はエンジンの傾き方がL型とは異なるのでベルハウジングのこの部分が異なることが特徴です。71B型ですがDR30車が生産されたときにつくられたものなので71B系としては最も新しい世代のミッションとなります。71Bと71Cの過渡期という事になります。

ミッションギヤ部の状態です。

1-2速が大径シングルシンクロ、3-4速が小径シングルシンクロで、かなり71Cと似ていいるところはあるのですがこの画像の中でパーツ流用できるものはほとんどありません。

リヤ側は典型的な71Bのままでバックはストレートタイプです。

5速はギヤ比0.83でした。

このギヤの外周がバックのメインギヤですが、程度は良好です。バックギヤシフト時ガリガリするという事でしたがクラッチの切れ不良か、バックへのシフトがラフな操作であったかどちらかだと思います。

そして3速ギヤのハブスリーブ とギヤですがこちらも良好です。しかしシンクロが小径であるのでシンクロ作用は弱かったと思います。

組み立てに入りました。

1-2速の部品たちです。

こちらは3速と3-4速ハブスリーブです。

1-4速までを組みました。

71cなので3-4速が大径シンクロとなっています。

上の画像に71cの特徴であるシザースギヤをカウンターギヤ4速の前に組付けます。これはギヤのバックラッシュを打ち消す仕様でカウンター4速ギヤより1歯 歯数が多いシザースギヤとの間で発生する摩擦力でアイドリング時のチャタリング音(ガコガコ音)を軽減する仕様です。

5-バック側の部品たちです。

今回はバックにもシンクロが付くバックシンクロタイプです。

また5速は今までのDR30用71Bの0.83ギヤ比から、高速でエンジン回転を下げることができる0.75ギヤ比(これは71Cの標準)に変更になります。

5速の後ろ側はスラストニードルが設定されます(DR30はこれが有りません)

 

メインシャフトエンドのM38固定ナットは私がいつもやっているようにサイドロックボルトで緩み止めを完全に行います。

ギヤ部分が組みあがりました。

ギヤ精度

 1ST  2ND  3RD      5TH

エンドプレイ

0.30 0.25 0.25 ーーー 0.20

バックラッシュ

0.05 0.12 0.12 ーーー 0.15

1STのバックラッシュが少な目ですが規格内で問題ないと思います。

5速のシンクロ部分の拡大図です。71cでは1-5速まですべてこのようになっています。

中央部がシンクロ舳先で左側のシンクロスリーブがこの歯と噛みあう事でギヤがつながります。真ん中に挟まれているのがシンクロボークリングとなります。

71cでは左側のシンクロ舳先は歯面がストレートでなくテーパーが付いています。左側のスリーブの内歯にもこれと同じように逆テーパーが付いており、テーパー同士で噛みあう事で、ギヤ抜けを防止する仕様となっています。 これは71cからの仕様で71B以前にはこの仕様は無かったと思います。

シフトフォークを組付けました。

71Cになると3-4速も大径シンクロ(2、3速は大径ダブルシンクロ)になるのでシフトフォークも巨大になっています。アルミですが断面積を大きくして強度を保っています。5-Bはシンクロ付き仕様です。(71Bまではシンクロ無仕様です)

リヤエクステンションをオーバーホールします。

中央のストライキングブロックの通称ウサギの耳にシフトレバーの支点穴を追加しておきます。(サービス) こうしておくとシフトレバーのクィック化ができるようになります。(とくにDRの場合はシフトレバーも無加工でクイック化が可能となります。)

詳細はこちら

 

ただDR30の場合バックに入れるときにシフトレバーを押し下げながらシフトするという機構があるのですがこの部分がどうなるか不明ではあります。単体テストでは問題ないようです。

ストライキングブロックの中には画像の右側の様なリップシールが打ち込んであり、ストライキングロッドからのオイル漏れを防いでいるのですが、常々言っているんですが軸方向にスライドする軸のオイルシールはリップシールではできないと思います。従って私は画像左のオーリングタイプのシールに交換してしまいます。なにっ、これじゃ取り付けできないって・・・ そこは工夫して取り付けるんです。

ケースに組み込んで回転試験しています。今回はこの試験での回転抵抗が少ないほうの新記録となりました。つまり抵抗なく軽く回っているという事です。外観もオーナー様ができるだけきれいにしてくださったという事できれいになっています。

ミッションフロントベルの中もピッカピカで気持ち良いです。

 

コンパチミッションとして完成となります。