2021年1月16日

S20エンジン用71Aγ33

 

ハコスカGTR用としてディーラー様からオーダーいただきました。

1速、2速ギヤとハブ・スリーブを準備します。

この中で71Aポルシェシンクロではハブとスリーブが重要で、私はこれらのパーツにスペシャル仕上げを実施しています。この2部品は焼き入れ鋼で硬くなっているので加工はすごく大変です。

1速、2速共にシンクロリングの状態は良いです。

メインインプットのシンクロの様子。

ギヤ部の前半分が完成

5速シンクロの状態

今現在この5速のシンクロは完全に新品は絶滅したので手持ちの中古の中で状態の良いものを探しだしてきて組みます。

そしていつもの通りここはスラストニードルベアリングを構築します。5速のリヤ側のスラスト面は焼き入れワッシャーが受け、その後ろにスラストニードルなので、仮に5速のスラスト面が焼けていてもリカバリーできます。

ギヤ部が組めました。

ギヤ精度

 1st 2nd  3rd      5th

エンドプレイ

0.12 0.22 0.20 --- 0.07

バックラッシュ

0.10 0.13 0.10 --- 0.18

ほぼ完ぺきな値です。

3-4シフトフォークは2点支持のノーマル仕様ですが程度の良い中古品を探し出して交換してゆきます。

1-2シフトフォークはスペシャルの3点支持

この方がスリーブを平行に押すことができます。

オイル漏れの多いこのシフトロッドの取り付け部には2重オーリング仕様に変更して対策します。

 

またシフトコントロールプランジャーも2重オーリング化して漏れを防ぎます。

回転試験機で試験しています。

シフトレバーが刺さっているシフトブロックが前後逆になっていますが、仮に組んだだけなので後でハコスカ用に組み替えます。

 

完成です。

シフトも問題なく、回転抵抗も少なく異音や振動も問題ありません。


2021年2月18日

S20エンジン用71A3分割スペシャルγ34

 昨年の大阪レトロカー万博でフリマ出店の折に

ハコスカGTRのオーナー様とお話ししているうちに、その場でご注文いただいたミッションです。このようなご注文をいただくとはるばる大阪までs30zで出張した甲斐が有るんだなとつくづく思います。直接オーナー様とお話しできご要望が聞けるのも張り合いがわきます。

ギヤ組は71Aの場合やり方が確定していますので、各部を点検して組み上げていきます。

 ポルシェシンクロの場合やはり大事なのはCリングとスリーブの組み合わせです。

ポルシェのCリングは日産部品で相当品新品が購入できますが値段がとても高騰しています。なんと1個15800円で、1台分4個でこれだけで63000円、71Bならミッションが買えてしまう価格です。

また、40年経った今となってはシンクロスリーブはほとんどが摩耗してしまっていますが、この新品はなかなか手に入らないので私は良好な中古品を集めてそれに手を加えることで機能回復を図っています。

 

 

ギヤ精度

 1st  2nd  3rd   5th

エンドプレイ

0.12 0.15 0.27ーーー0.07

バックラッシュ

0.15 0.13 0.17ーーー0.07

良い値です。

71Aγバージョンの私の考えた結論

71Aを今まで何台も分解しましたが、問題の起っているのはほとんどが5速ギヤのスラスト面です。その原因はメインシャフトを固定するM38ナットが緩むことがきっかけですが、その対策として5速裏に画像のようにスラストニードルベアリングを構築することなのです。M38ナットもダブルナットでなく一体加締め式として、さらに画像に少し見えているサイドロックボルトでゆるみ止めを完璧にします。

 

 *M38ナットが緩むと5速ギヤのエンドプレイが過大になり、ミッションのオンオフの度に5速ギヤスラスト面が激しく打ち付けられる為その衝撃で焼き付くと推理しています。

そして71Aのもう一つの弱点シフトフォークの設計ミスですが、私は画像のような3点支持のシフトフォークに換えることで対処しています。画像歯3-4速シフトフォーク

そしてこちらが1-2速シフトフォークで同じく純正2点支持から画像の3点支持フォークに変更してゆきます。

 

*純正に2点支持フォークだとシンクロスリーブが傾いたままシフトで押す傾向にあり、その結果シフトが重い、ひどい場合はシンクロスリーブの欠けに発展します。又傾いたスリーブを無理やり押し続けるとシフトフォークの爪が以上摩耗をしてしまいます。71Aについてこのシフトフォークの爪厚みが3mmしかなくなるほど摩耗した例をたくさん見ました。

シフトフォーク・ロッドを組んで内部の組み付けは終了です。

ケース側の加工に入ります。

シフトブロックの所も71Aの泣き所でオイル漏れ多発カ所です。40年前の当時は機械もんはオイルがにじむくらいが普通でむしろそれで各部の潤滑を補っていた感が有ります。オイルが1滴もにじまない現代の機械と比べてしまうとやはりかなり無理があるところではあります。シフトコントロールの中立を決めるアウトリガーのような腕をスプリングプランジャーで押してコントロールしているのですが外付けの様そうです。そしてシフトロッドが出入りする部分も外付けの感じです。このあとの71Bからこれらの機構はどちらも内装されるように設計変更されました。

シフトロッドが出入りするところのオイルシールは2重に改造します。画像にないですがシフトコントロールプランジャーのオイルシールも2重に改造しています。

フロント側のケースも組み付けて回転試験しています。フロントベルハウジングが71A3分割のS20エンジン用であることの最大の特徴です。通常はS20エンジンのハコスカGTRやZ432はこのミッションしかありえません。

*私はこの3分割ポルシェミッションをワーナー化するバージョンを整えています。ワーナー化するためにはどうしてもドナーが必要でその残存数は限られています。ご興味のある方はお早めに。

*ミッションケースをケンメリGTRの2分割や、復刻版の2分割を使えばミッションの選択は大きく広がります。私が「S20エンジンの魔法の箒」と言っているやり方ですね。