2020年1月18日

S20エンジン用71Aスペシャルγ29-W

 

 S20エンジンのオーナー様がご夫婦でこの71Aミッションを持参して訪問してくださいました。

 外観は非常にきれいな状態です。これならブラストもかける必要がないです。この当時の鋳物は非常にきれいな鋳肌で形状も素晴らしく、昔よくあった精密機械の筐体鋳物の美しさが見られます。

 

解凍してみますとすごい色のオイルが出てきました。高級オイルということでしょうか。粘度はかなり高めでヌルヌルする感じです。

ギヤ類、シンクロ舳先などほとんど新品に近いぐらいのきれいさですが、ある程度ダメージはある様です。

メインシャフトを固定するM38ナットですがゆるみは無かったし、よくあるタガネ攻撃もなく安心しました。

3-4速のシフトフォークには定番の方べりが見られ、このまま行くとシフトスリーブが傾きスリーブ、ハブの”つの折れ”がいずれ起ります。

ここからだとより分かりやすく偏べりしているのがわかります。私はこの対策のために3点支持フォークに変更する提唱と考案をしていますが、これもその選択が誤っていないことの証明です。

しっかり組んであったのですがこの部分はダメが出てきました。スピードピニオンを無理やり組んだので回り止めボールが変な食い込みをしています。取り外すのが大変でした。

メインインプット 

 軽く地肌が出ていてそろそろCリングがやられそうな状態です。

5速ははっきりとCリングが摩耗していますが、かなり前からこのシンクロCリングは製廃で対処が困りますが、今のところ私は他の部品どりミッションからシンクロの程度の良いものを回収して集めていますので交換はできます。

1速も少し金属地肌が出ています。

いきなりですが組み付けに入っています。今回のミッションは1-4速ポルシェの71A5速クロスギヤをワーナーシンクロに換えるタイプですので緊張して集中して作業したので途中の画像が飛んでしまいました。8枚前の以前のポルシェシンクロのギヤ組とは大きく異なることが分かると思います。つまり外観ケースは71AのしかもS20エンジン用ケースなのですが中身は1-4速ワーナーとするのです。

 

5速側は71Aクロスの場合ワーナー化は困難なのでポルシェシンクロを残します。(71Bなら簡単にワーナー化できますが71Aの場合かなり検討したのですが無理そうです)

 

5速の裏は私の考えたスラストニードル受け構造にして5速裏の焼き付きやメインナットM38のゆるみを防ぎます。

M38ナットはダブルナットからシングルナットにしてここも同じく私が考えるベストの緩み止めサイドロック方式でロックします。(画像ではまだロック穴だけでっロックネジが取り付けてありません)

 画像には見えませんがM38ナットのお尻側はメインシャフトに加工した加締め溝に加締めます。これでM38ナットは先ずは緩まないはずです。

 

シフトロッドを取り付けています。

1-2速はポルシェでなくワーナー

3-4速もポルシェではなくワーナー

5-Bはポルシェです。

 

1-2速のシフトフォークは私の考えるシフト不具合対策、3点支持フォークへ交換してゆきます。

 

こちらが通常の71Aで使われている2点支持フォークですが、これだとスリーブを押す爪が2か所でしかも180度まで回っていないので強くシフトを押し込むとスリーブがかしいでしまいます。


 

ギヤ部が完成です。

ギヤ精度

        1ST  2ND  3RD      5TH

エンドプレイ 0.07 0.11 0.15 --- 0.07

バックラッシュ0.12 0.14 0.23 --- 0.07

 

ギヤ比ですが71A5速をワーナー化したので当然71A5速クロスと同じギヤ比ですが、ポルシェシンクロからワーナーシンクロへの改造に当たってはこれを維持することには大きな意味があります。

      1ST    2ND  3RD   4TH   5TH

ギヤ比  2.957 1.858 1.311 1.000 0.852

 

古い71A5速なのであまりギヤ比を意識する人は少ないかもしれませんが、このギヤ比は2.906から始まる後世の240クロスとほぼ同じギヤ比です。アフターマーケットの2.4や2.7から始まるクロスギヤにも引けを取りません。また71Bや71Cによくある3.3から始まるちょっとスポーティーな仕様のギヤ比よりずっとクロスしている純スポーツミッションなのです。

 

71Aの特徴でもあり又泣き所でもあるリヤエクステンションのシフトリンケージもオーバーホール&改善を仕込んでいきます。

オイル漏れの多いシフトコントロールピンは手前側に見える2重オーリング化してゆきます。

ストライキングロッドが刺さるこの穴も同じく2重オーリング化。

ただし、本来オーリングは回転軸のオイルを止めるものなのでロッドのスライドする部分のオイル漏れは完全には止められないのではと思います。

ケース組が完成して回転試験に入っています。シフトはカチッカチッと小気味よく決まります。