2023年6月24日

魔界エンジン MEー6 製作開始

 静岡県内の方から魔界エンジンの製作依頼がございまして、開始いたしました。 画像は今まで使っていたエンジンを支給されたもので、ある程度はチューニングされているが調子が良くないとのことで、不具合箇所は修理してほしいという要望です。

ME-6ー1 素材エンジンの調査

ME-6-2 新規ヘッドチューニング

ME-6ー3ー1 腰下加工その1

ME-6-3-2 腰下加工その2

MEー6ー4 エンジン組み立て・調整

 


2023年12月27日

エンジン腰下について前加工をして(その1参照

ボーリングとパルフォス処理に出していたのですがもうすでにだいぶ前に完成して戻ってきていました。

 

ところが6月に発注したフルカウンタークランクが完成してこないのでしばらくそのままになっていたのですが、あまりこのままで放置しておくと錆が出てしまったりすると困るので、最小限の手入れを進めてゆきます。クランクが無いとピストンの突き出し量が測定できないし、メタルの選定もできませんし、圧縮比の設定ができないのでヘッドのメンケンもできず組付けもできませんので、すべての作業が進められなくなります。

先ずはシリンダーの鋳物砂抜きプラグを取り外して中をきれいにしてゆきます。

こんな感じで錆びていますが、この個体はかなり程度が良いほうです。ひどい場合はこの穴半分くらい錆で埋まっているなんてのが有ります。

奥に見える左右のがシリンダー壁でその間にわずかな隙間が有りますが、ここへも冷却水が循環してエンジン冷却しています。シリンダー壁がかなり錆びているように見えますが、これもこの程度では良いほうです。この壁から錆が板状になって脱落してくるなどというものもあり、その場合はボーリングすると残り壁厚が少なくなり危険です。最低でも3mmは残らないとヤバイと思います。もしそうでなければ、その腰下は潔く捨てたほうがその後の損害を少なくできると思いす。

水穴プラグまで含めて外せるところは全部外してから屋外に移動して様々なところからエアーブローをかけて錆や切粉などを吹き飛ばします。

その後室内に戻してマスキングしてから日産エンジンブルーで塗装しています。

塗料密着剤をスプレーしてから日産エンジンブルーを重ね吹きします。