2020年8月25日

帰国子女の2期工事

 

前回からの宿題ややり残したところの追加工事をします。今回の最大のアイテムはクーラーの取り付けですがうまくいくでしょうか?

 

バンパー補修交換

前回このフロントバンパーが亀裂が入っていることはわかっていたのですが、全体のイメージからはこれでもそれほど悪くない感じでしたが、今回はやはり交換してゆくことにします。

 リプロ品を手に入れたのですがオーバーライダー取り付け穴の無いs30sタイプのバンパーでしたので取り付け穴を追加して移植してゆきます。ゴムのモールはたくさんのネジで固定されているので位置合わせをちゃんとして再現してゆきます。

リプロ品を入手してオーバーライダーとかコーナーラバーバンドを付け替えています。

ここの穴開け結構位置決めが難しいです。

メッキ部に穴開けとなるので穴開け後錆止め材で保護しておきます。オーバーライダーの裏側の真っ赤な錆も錆止め材で処理しました。

 純正含めて大部分のメッキバンパーは時間が経つと表側がピッカピカできれいなのに裏側は真っ赤に錆びてるというパターンが多いのですがなぜでしょう?裏側の方が風雨に当たりにくいので条件がいいはずなのに。

ちょっと寄り道

ホイールキャップがプラスチックの安っぽいものだったのでジェラルミンから削り出して製作してこのホイールキャップ(センターの黒く塗った丸い蓋)に交換しています。

もう一つ寄り道

室内灯が白色のLEDに交換されていたのですが、車のイメージと合わないということでこの黄色っぽい白熱球の感じの色味のLEDに交換しました。明るさも十分にあります。

オーナーと相談したり、すでにカークーラーを取り付けている人に品質など確認しながらこの後付けカークーラーキットを購入しました。全部が中華製の様ですが、今では日本製を探す方が難しいので、仕方ないです。

 

カークーラー取り付け詳細については こちら にまとめています。

ところがこのカークーラーフルキット、画像のパーツ一式だけで一切の取説が付いてきません。超くろうと向け製品だったようです。それだけでなく様々な試練がこの後待っていたのです。

コンデンサーの設置

 

S30Z専用なのかどうかわからないが、コンデンサーはこの位置でサイズ的にはぴったりだった。ステーは付いてこないので、ラジエターと同じボルトで共締めできるようステーを製作、材質はステンレス。自分は車体に余計な穴はできるだけ開けない主義です。

ツインの電動ファンで冷やします。

コンプレッサー用ブラケット

コンプレッサーをブラケットをワンオフで製作して取り付けます。

バルクヘッドに開けた穴に冷媒ホースを通してエバポ室内ユニットを取り付けます。室内ユニットを固定するステーを作ったり(キットに付属のステーはふにゃふにゃで使いもんになりません。すぐに落ちてしまうでしょう)ホース配管したり周囲の邪魔になるものを移動したり、電気配線もしたりと、クーラー取り付けの上でもっとも面倒な作業の部分です。

またちょっと寄り道

前回のやり残し部分、ドアガラスの立て付け調整

今回は追加でこちら側にもリモコンドアロックを追加取り付けします。ドアロックノブの下の方にアクチュエーターがのぞいているのが見えます。このリモコンドアロックかなり便利ですし、鍵穴が壊れやすい旧車にはそれ以上のメリットがあります。エンジンキーとドアキー、さらには左右ドアで異なるなど3本キーのめんどくささから解放されます。

元どうり復元

前回スピーカーを増設しています。

ガラガラ状態のエンジンのこちら側を通してクーラーゴムホース配管を室内エバポレーターへ接続します。配管全長がだいぶ長くなるように思いますが、ゴムホースですからそれほど重量が増すわけでもないし、ゴムホース通路内のガス容積が大きくなりますが冷媒ガスの増加量もしれてます。アルミ配管を使う場合はもっと合理的な配管もできるかもしれませんが、汎用のすべてゴムホース配管での設置ではこれで妥当かもしれません。

次にとうとうガスチャージとなります。真空引きで回路内がシール漏れがこの時点ではしていないことが確認できているのである程度安心してチャージできます。これが1缶目でこの時はエンジンもかけずただ回路内へガス缶の圧力(=650mpa)で低圧、高圧両方の回路内へガス缶が空になるまでチャージしています。